全米でWAGYU(和牛)に火をつける

Info-Fresh12/04/2019

今年11/15にローンチされた「WAGYUMAN」をご存知でしょうか?

じわじわと人気を博しているWAGYU(和牛)。

MADE IN JAPANのブランドの信頼度が増す中で、日本酒に次いでファンを増やしているようだ。然しまだまだステーキハウス等の高級レストランでしか食べられない、更にかなり高額であるのが現状。そんな中、日本人オーナーがオンラインでWAGYUを購入できるサイト「WAGYUMAN」を立ち上げた。

業界最大手のWAGYU輸入業者とのタイアップ、牛一頭買いなどにより、まだまだ高級なWAGYUをなるべく安価に提供出来る仕組みを構築。横並びの競合と比較しても、お値段の安さは安定しているので、多くの方がなるべく手頃にWAGYUが買えるようにと想いが込もっている。

さらに、スーパーなどで肉を買おうとすると、アメリカではステーキカットか、ひき肉のスタイルで販売されていることが多く、日本人に馴染みがある薄切り肉や赤身肉、細切れの肉は見かけない。実は様々な調理法で楽しめる、そういったカットの肉の販売も、牛を一頭買いするからこそ、これから可能にしていきたいとオーナーのダイ 守屋氏は語る。

食材の域を超えたエンターテインメントなビジネス展開

2007年に商社の駐在員として渡米してきたダイ 守屋氏は、その後米国会社への転職など約二十年の会社員勤務を経て、自身がやりたいことを新たに追い続ける道を選んだ。

「NYへの憧れはずっとありました。初めてNYに降り立った日は、JFK空港でストレッチリムジンを貸し切って渡米を一人でお祝いしたくらい嬉しかった。」と語る。

このNYで、日本が誇るWAGYUを通して、肉を売るだけでなく、このWAGYUMANブランドが様々な形で浸透し、食材の域を超えたエンターテインメントなビジネス展開を視野に入れている。

また、今後は全米で初めてマグロ(トロなど)などの購入もオンラインで可能になるということなのでぜひチェックしてみて頂きたい。

URL:https://wagyuman.com

© Info-fresh, Inc. All Rights Reserved. Patent Pending