アートの祭典『アート・エキスポ・ニューヨーク 』にKUMIKO MAMETSUKAが出展決定

Info-Fresh04/03/2019

約3万人が来場するアートと文化の最先端ニューヨークの中心地・マンハッタンで開催

各業界の絶大な信頼を得ているアートフェア「アート・エキスポ・ニューヨーク(ART EXPO NEW YORK)」は、

1978年より約40年もの実績を誇っており、コレクター、美術館学芸員、バイヤー、ギャラリスト、ディーラー、アートディレクター、建築・内装関連のビジネスマンなど3万人もの人々が来場する、まさにアートの祭典。

piar90にて4月4日から4月7日まで開催されます。

この、NYで行われるアートの祭典に「ヘキサゴンと数字」をモチーフにした作品を生み出してきたKUMIKO MAMETSUKA さんが出店することが決まりました。

KUMIKO MAMETSUKAさんは「New Yorkで、私の絵画、芸術で、勝負したい。」と強く思ったことから、出展することを決意。

数々のアーティストが出展するなか、「ヘキサゴンと数字」をモチーフに、あらゆる芸術作品の歴史を、この手で塗り替える彼女の姿は、まさしく今までの芸術作品、四角の芸術作品達への、挑戦状。

そんな彼女からのコメントを紹介します

「安定性と可能性を秘めた六角形に強く惹かれています。

この六角形と数字、更に鮮やかな原色を 使うというユニークな組合せの作品で、生命の力強さと美しさを表現します 。

実家が果物店で、いつも身近に多くの果物があって育ちました。

生き生きとした果物の色、つま り鮮やかな原色の色に囲まれていたので、原色を使用して描くのは私にとって自然な流れでした。

また、果物とそれを引き立たせる為の籠の色や異種の果物を並べる位置等、色の組合せが一見矛盾 している様でも補い合って最後には調和してしまう。

これが実に面白いものです。この環境で育っ た事が、作家としての原点なのだと思います。」

六角形の魅力に惹きつけられたのは、次の理由からです。

六角形は自然界に沢山存在しており、 例えばDNAとRNAの塩基や雪の結晶、水分子、トンボの複眼、そして太陽表面でベルーナ対流によ り発生する粒状斑等も六角形です。

自然界で作られた最も代表的な六角形は蜂の巣です。

つまりハ ニカムは、柔軟性や強度があり、そして音と衝撃を吸収します。

それ故に、家の壁、飛行機の翼や 壁の材料及び宇宙に浮かぶ人工衛星機材の理想的な構造として採用されている程、優れた形状なのです 。

次に数字を主題に選んだ理由を説明すると、数字は今や私達の生活に必要不可欠なものです。

この数字とは現在一般的に使われているアラビア数字を指しており、私達に最も身近な記号でもあり ます。

例えば誕生日、時間、緯度経度や科学技術等で、数字は大切な役割を担っています。

数字が 発明された恩恵は、記号という道具と論理的思考の基礎を築き 人類の美しい社会を創る上での科 学文明の発展に貢献したのは言うまでもありません …

制作手法の特徴の一つは、作品上に私の唯一無二の手の輪郭をトレースしている事です。

これは制作時の私の生きているエネルギーを伝えたいという事と落款という意味を示しています。

多くの可能性を秘めた六角形と人類にとって価値のある数字、そして鮮やかな原色を使い、生命 の力やその素晴らしさを伝えていきたいです。

私の作品をご覧になった鑑賞者に力を与えるといっ た視覚的な要素のみならず、より多くの人々が幸せになる事を願い あらゆる可能性を信じて制作しています 。」

今最も勢いのあるアーティストKUMIKO MAMETSUKA さんのアートに出会える「アート・エキスポ・ニューヨーク(ART EXPO NEW YORK)」は、NYのpiar90にて4月4日から4月7日まで開催。

是非、アーティストの魂に触れる事の出来るこのイベントへ足を運んでみてください!

「アート・エキスポ・ニューヨーク(ART EXPO NEW YORK)」HP

チケットについてはこちら

KUMIKO MAMETSUKA

略歴

1984年 福岡県生まれ

2007年 BE-STAFF MAKEUP UNIVERSAL 卒業

2012年 香蘭ファッションデザイン専門学校 卒業

グループ展

2018年 東京タワー文化フェスティバルIII 東京タワー

2015年 日本・フランス現代美術世界展 国立新美術館

© Info-fresh, Inc. All Rights Reserved. Patent Pending