<キャリアが止まっている&帰国後のキャリアのため> 就労ビザがなくても、今出来ることを始めませんか?

Info-Fresh09/03/2021

info-freshでは在米日本人の方から、最近こんなご相談を受けることが増えました。

「現在、夫の駐在で米国に滞在しているが、就労ビザがないので働けず、何年も社会と関わらない焦りがあります。働きたいです。」

「第一子出産前に仕事を辞めて、その後、第二子も授かり仕事から遠ざり、社会復帰出来る自信がない。」

「夫の会社経由で、就労ビザを取ろうとしているが、コロナの影響で1年くらいかかると言われて、途方にくれています。」

米国ではもちろん就労ビザがない限り、有給で働くことは出来ませんが、それでも何かしらの形で、こんな想いを抱えている在米日本人女性の役に立てないかと情報を探しました。

そこでinfo-freshが出会ったのが「株式会社mog」さん。

ワーキングママのために、様々な方法でキャリア構築のサポートを日本で行われています!その事業の2本柱をご紹介!米国からでも参加可能&帰国後のキャリア準備が可能なサービスです。

『ママボラン』

ワーキングママに、ボランティアによるチャレンジの機会を提供

「これからのキャリアのために新しいことにチャレンジしたい」「自分の強みを知って、可能性を広げたい」という意欲的なワーキングママに、他社でボランティア活動をする機会を提供されています。ボランティアだからこそ、未経験の業種や職種にチャレンジしやすく、さらにリモートワークが通常のスタイルになってきた今は、アメリカから短時間で参加できる機会も多く存在します。

幅広い業種のスタートアップ企業、NPOなどのラインアップの中から、希望するボランティア先を選択、人材業界での経験が長いmogのスタッフが、ワーキングママの意欲や経験と、ボランティア先をマッチング。

8月中旬に開始スタートした新生「ママボラン」の前身となるサービスの開始以来、ボランティア活動をしたワーキングママは年間200人以上、ボランティアの受け入れ企業は50社にのぼるそうです。

詳細はこちら!https://mamavolun.jp/

『ママリブラ』


子育てや旦那さんの海外駐在の帯同でキャリアを一度ストップした方々で、本帰国後にいかにキャリアを再構築していくか悩んでいる方も多いと思います。さらに、ハイキャリアをお持ちだった方は、同様の職場に戻れるのか、ステップアップしていけるのか・・・と。

アメリカ滞在中にその準備を少しでも進められたら!さらに、ワーキングママの転職に特化したプロからサポートがもらえたら、とても気持ちが楽になるはずです。


「ママリブラ」は子どもの成長や家庭の状況、自分のやりたいことなど、その時々のさまざまな変化に合わせて、ワーキングママが長期的なキャリアを描けるような転職サポートが充実しており、働く場所や時間の制約にも親身に相談に乗ってくれます。

今のうちから、市場にどんな求人があるのか、自分はどんな職場に挑戦したいのか、その中で越えるべき障壁となるものは何なのかを早めにクリアにし、本帰国への不安を解消出来たらと思います。


詳細はこちら!https://www.mamalibra.jp/

ご興味はある方!まずはぜひアクセスしてみて下さい!

<お問い合わせ>mogofficial@mog-career.co.jp

◆ボランティア活動を通して、キャリアの可能性を広げる場所「ママボラン」

https://mamavolun.jp/

◆ワーキングママ専門の転職サービス「ママリブラ」

https://www.mamalibra.jp/

◆Facebook:https://www.facebook.com/mamaLibraProfessional
◆Instagram:https://www.instagram.com/mogcareer.official/
◆Twitter(ママボラン)https://mobile.twitter.com/mamavolun

    (ママリブラ)https://mobile.twitter.com/mamalibrapro



© Info-fresh, Inc. All Rights Reserved. Patent Pending