【2020年版】アメリカで人気のおすすめマッチングアプリを比較!

Info-Fresh09/08/2020

【2020年】アメリカで人気のマッチングアプリ・比較まとめ!

こんにちは!ニューヨーク在住日系人の掲示板「info-fresh」です。

2020年もあと残すところ4ヶ月弱となりましたね。ニューヨークでは経済活動再開の最終段階・フェーズ4に入り、街の活気もだいぶ戻ってきましたが、やはりコロナウイルスの影響で、出会いの機会が減ってしまった方も多いのではないでしょうか?

アメリカでは成人の10人に3人がマッチングアプリを利用したことがあるそうで、なんと12%もの人は真剣な交際・結婚にまで至っているそうです!

”使ってみたいけど、正直色々ありすぎて何が違うのかわからない!”という方も多いのではないでしょうか?この記事では、ニューヨークで人気のマッチングアプリを現地のユーザーの声を参考に紹介します。

アメリカ駐在の方も、ニューヨーク留学中の方も、もちろん永住者も、コミュニティを広げるためにも是非読んでみてください!

1. Tinder - マッチングアプリの火付け役

2012年に登場して以来、マッチングアプリの火付け役となったTinder (ティンダー)。気になる相手は右にスワイプしてLIKE、お互いにLIKE・Matchするとメッセージができます。日本でもサービスを展開していて、まさに世界中の人と繋がることができるアプリ。基本的なサービスは無料で使用でき、操作性がよくデザインもシンプルなため、使いやすさは◎◎◎。ただ、現地アメリカ人コミュニティの中ではTinderは「カジュアル・デーティング」向けという評判があるので真剣な交際を探している人は、なかなかいいマッチに辿り着かないと感じてしまうかも…。

2. Hinge - 削除されるべくデザインされたマッチングアプリ

「Designed to Be Deleted - 削除されるべくデザインされた」Hingeは、筆者の周りのアメリカ人の友達に一番人気のHinge (ヒンジ)。Tinder同様に、マッチが成立するとメッセージができる仕組みです。ランダムにマッチするだけではなく、色々な方法で共通点を見つけてくれるアプリです。

Facebookをベースに相手を紹介

全く共通点のない赤の他人にアプリを通して会うって少し心配だったりしますよね。HingeではFacebookの友達も友達をベースに相手を紹介してくれます。筆者も実際友人の友人とマッチした事があります!

相手の人柄が良く見えるように設計されたプロフィール

プロフィールって何を書いていいかわからない〜という方にピッタリ!
75の既存のお題の中から最大5つ選んで回答すると、その回答がプロフィールとして表示されます。
アルゴリズムが同じ質問に回答している人を優先的に表示してくれるので、気が合いそうな人を探す手助けになるかも!
また、身長やお酒・タバコ等の嗜好、宗教観や政治観まで詳しく表示できるのもプラスです

3. Bumble - レディー・ファーストのマッチングアプリ

Tinderの創設に携わった女性が自身の社内セクハラの経験をバネに女性の為に開発したと言われているBunble (バンブル) 。

従来のマッチングアプリでは男性主導が一般的ですが、このアプリは女性主導!女性からメッセージを送らない限りは男性側からはアプローチが一切できない仕組みなので、興味のない男性からセクハラのようなメッセージを送りつけられてガッカリする事もありません。女性にリードを任せたい男性陣にもピッタリ!

また、自分が何を探しているのか(relationship, something casual, and I don't know yet の三択)もプロフィールに載せられるので、蓋を開けてみたら話が違った!って事も避けられます。

アプリ内でのビデオ電話
も可能で、実際デートに行くか決める前に相性を確かめるのにピッタリ!気になるけど電話番号を渡すのはちょっと早いかも…と感じる人には嬉しい機能です。

4. OkCupid - マッチングサービスの老舗!?

マッチングアプリの火付け役・Tinderよりも大先輩なサービスがこちら!OkCupidは2004年に創設されて以来、多くのカップルをマッチしています。筆者の大親友もフィアンセとの出会いはOkCupidだったそう!

気の合う人を見つけてくれる

OkCupidでは、アンケートを元にあなたの探しているタイプを紹介してくれます。

まず登録時に聞かれるのは、ざっくりとした主に価値観に関する質問。

例としては…

【真剣さ】次のお付き合いをどれくらい続かせたいですか?
【宗教・信仰観】宗教や神様の存在はあなたにとってどれくらい大切?
【政治に対する関心】政治の話を良くしますか?

などなど…

アメリカでは宗教や政治観がディール・ブレーカーになる事も珍しくないので、文化の色が良く出ている質問ですね。

もっと質問に答えて更に正確に相性を数値化!?

登録が完了すると、もっと深掘りしたアンケートに答えられます。(オプショナル)

更にOkCupidの特色として、このアンケートを元に相性を%で教えてくれます!

全てのアンケートに答えて、目指せ相性100%マッチ!?

登録後・更に詳細なプロフィール検索ができる

登録が完了すると、マイページで更に詳細に自分の探している”理想のタイプ”を指定することができます。

性別・性的指向・年齢・距離・コネクション(友達、短期・長期、一晩の関係)・体型・身長・言語・人種・宗教・政治観・仕事・星座・お酒やタバコに対する嗜好・ペット・子供に対する嗜好など…

宗教や政治観など、とてもパーソナルな質問って初対面で聞くのには勇気がいる…という人や、理想のタイプがハッキリとしている人には特にいいかもしれませんね!

5. Coffee Meets Bagel

”元祖・アンチ-スワイプ マッチング・アプリ”と謳う、エンドレス・スワイプに嫌気がさすという人向けに開発されたCoffee Meets Bagel (コーヒー・ミーツ・ベーグル)。もっと質のいい相手をキュレートして、もっと質の良いデートを、というモットーを元にしています。

知人でCoffee Meets Bagelを通してお付き合いを始めたカップルがいますが、今のところみんな数年続いているのは、アルゴリズムの質が良い証拠なのかも…!?

毎日厳選ピックスを紹介

アルゴリズムを元に、アプリがマッチする確率の高そうな相手を毎日厳選して紹介してくれます。

プレミアム課金をして相手にお花を贈ろう!

プレミアムプランに課金すると、気になる相手にアプリ内でお花をプレゼントできます。

お花を贈ることによって、他のライバルよりもあなたのプロフィールが優先して相手に表示されます。

たくさんのお花を贈られているあなたは人気者の証!?

6. EastMeetEast - アジア人のパートナーを探している人向けアプリ

人種のるつぼとして知られるニューヨーク。文化や思想の違いに惹かれて付き合ってみたけれど、ロングタームや結婚・子育ての話になるとやっぱり似た価値観を持っているアジア人と落ち着きたい…!という声も良く耳にします。そんな人のために開発されたのが、EastMeetEast (イースト・ミート・イースト) 。アジアン・アメリカン向けに作られたマッチング・アプリです。

© Info-fresh, Inc. All Rights Reserved. Patent Pending