桐谷さえり氏によるメトロポリタン美術館名作案内

Info-Fresh09/08/2020

日本クラブでは、多くの方のリクエストにお応えする形で、美術家の桐谷さえり氏を再びお迎えし、「メトロポリタン美術館名作案内」のウェビナーを開催いたします。

メトロポリタン美術館は、ルーブ美術館、大英美術館と並ぶ、世界三大美術館の一つです。


そんなメトロポリタン美術館は、世界の美術品の宝庫と言っても過言ではないでしょう。その宝庫の中の作品一つ一つには、時代を背景に、人との繋がりがあり、美術の変わりゆくムーブメントがあり、凝縮された作家の情熱が注がれています。19世紀にはパリ万国博覧会を期に、日本美術も大きくヨーロッパに浸透していきます。


今回、第2回目は、美術館の地図と照らし合わせながら、ギリシャ神話やダンテの新曲、ルネッサンスと宗教、そしてアートムーブメントなどにも視点をおきながら、古代ギリシャ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アメリカ、日本の空間を旅することにいたしましょう。


今回は、古代ギリシャの彫刻、ダンテの新曲を題材にした19世紀の彫刻ウゴリーノ、中世の間、ヨーロッパの甲冑の部屋、ダマスカスの部屋、ヨーロッパのルネッサンスからアメリカのモダンアートまでエクストリームにご案内下さいます。


日時: 9月10日(木) 午後7時~8時

参加費: 無料(任意で医療従事者へのお弁当プロジェクトへ寄付)

お申し込み: 日本クラブのウェブサイト(www.nipponclub.org) よりお申込み下さい。

お問い合わせ: 事務局の本多 (yhonda@nipponclub.org) までお願い致します。


講師: 桐谷さえり (キリタニ サエリ)

金沢出身、ニューヨーク在住、サン フランシスコ州立大学、サンフランシスコ・アート・イン スティ テュートにて学士終了、その後、ペンシルベニア大学大学院にて修士終了。

ポーラ美術 振興財団、文化庁、NY Foundation of Arts, ゴールドマ ンサックス・ギブズ、サン・ダルフォー 社などから助成金授与。 ウィーン美術アカデミーにて客員アーティストとして滞在、ウィーン美術アカデミー、金沢大学、ニューヨーク大学などでも講演。ディエ ゴ・リベラ・ギャラリー、クロアチア・スプリッ ト美術館、金沢21世 紀美術館、在オーストリア日本大使館などで個展。スミソニアン・ ポー トレート・ギャラリー、ボルティモア美術館、東京都美術館、ザ グレブ美術館、ボスニア・ビエンナーレ、ルーブ美術館、イタリア・フラッシュ アート展など、国際的なグループ展に参加。2021年4月に日 本クラブで個展予定。

© Info-fresh, Inc. All Rights Reserved. Patent Pending