おしえての掲示板

new!

帰国した後の凍結口座に為らない為の銀行口座の管理ーーー>常に動かす事/動かせる事の確認

  銀行に作った筈の銀行口座とお金が消えた。当の銀行に聞いても自分のお金を預けた痕跡が無い。如何するか?

  米国の凍結口座は今の日本や香港の様に銀行に留まるのでは無く 銀行口座は一定期間管理されて動かされないと
  (自動更新付きの定期口座を除く)休眠状態(1年ぐらいで)を経て、更に時が経つと(10年ぐらいで)
  主の初期に登録した住所に連絡が入り 何も返事が無ければ銀行口座のお金と情報は管理機関に移動されて凍結口座となる。
  
  米国の場合 情報とお金は州や国に移動されて公示されます。
  しかし 公示されるのが必ずしも住んでいた同じ州では無い場合も有るので常に当の銀行の中に留めて管理する事を薦めます。
  気をつけなければ いけない事は全ての口座が リンク付けすればONLINEで見る事は出来ると思いますが 中には
  ONLINEで移動などが出来ない”窓口扱いの口座”が有る事です。(定期口座の半分?特に利子が高く税優遇の有る商品)  

  特に気を付けなければいけない事は登記住所と現住所の違い、結婚に由る家名の違いなどに由る凍結口座の”本人証明の難しさ”。
  管理機関に移されたお金と名前は公示されて返還申請を促しますが 申請が始まる時点から本人証明を含めた全ての証拠を短い
  期間の内に提出して2ヶ月程の精査期間を待ちます。 証拠不十分で有れば再度申請の振り出しに戻ります。


  英語圏の世界中に有る凍結口座返還請求申請の 貴方が貴方で或る事の証明は貴方が自身で若しくは弁護士を雇い追行しな
  ければいけません。1のリンクの米国の州の数以上有る地図上の検索先の中から 次のリンクから家名を入れて検索で最後に
  出来れば10年以内に 口座を見失った事に気付きましょう。10年以内なら銀行に有る可能性が大きいからです。
   
     https://unclaimed.org

     https://www.unclaimedassets.com/au.htm

     
     https://www.itworld.com/article/2702657/these-7-databases-find-your-missing--unclaimed-money-for-free.html

   
  こちらの掲示板は余り見ないので質問などの私の連絡先は yspads2015で検索して下さい。
  上のリンクに凍結口座の検索先やそれに辿り着くヒントが隠されています。お使い下さい。
  又 リンクが役立ったと思う方は 日本の未来を作る子供達の為にご支援下さい。

     https://www.katariba.or.jp/sprit/children.html
国内若しくは国外に貯金口座を持つと言う事は何れ動かす必要が出て来ると言う事。国内又は、国外に動かす為の送金の違い。数字が1字違えば此の時点で再び お金が迷子に為る事が有る。最初は小銭で送金の練習して下さい。成功後大口送金が安心して出来ます。此方のリンクはコピー&ペイストしてお使い下さい。

  https://www.usbank.com/bank-accounts/checking-accounts/checking-customer-resources/aba-routing-number.html

  https://www.theswiftcodes.com

次は持ち主の国籍保持期間と家族の国籍保持期間、そして将来何処に住むか!誰が相続するか!是に由り税金の納める国に違いが出てくる。そして必ずしも住んでいる国では無い国に税を払わなければ成らない事も出てくる。
  https://www.irs.gov/individuals/international-taxpayers/frequently-asked-questions-about-international-individual-tax-matters

  https://chester-consulting.jp/blog/inheritance-tax-practice/相続税のこと/taxpayer-2268

これ等の規則や決まりも常に変化すると言う事

 
  凍結口座などお金などの質問は yspads2015迄お願いします。又国や銀行の規則や期間に関する情報は常に変わるので
  此処が大きく違うよと言う所が有れば教えて下さい。
    https://profile.coconala.com/users/224859/services?layout=1




(変更日時:2020/02/23 15:34)

PAGE TOP