おしえての掲示板

new!

カナダ永住権取れます

カナダは、今ならマニトバ移民として永住権が取れます。カナダはは日本同様に国民保険があって医療費の心配がない。トロントやバンクーバーなど住民の50%以上が外国人で、アジア人も多く仕事が豊富。
アメリカで万年語学学校生やオーバーステで住んでるならカナダに行って永住権取ったほうがいい。かなだのえいじゅうけんがあれば、アメリカに来て働くことは比較的容易です。


『カナダ永住は簡単?マニトバ移民とは・・・』

ではまず、マニトバ移民が本当に簡単な移住方法なのか?と言う疑問から答えたいと思います。

カナダは移民大国ですので、移住方法は実際に色々な方法があります。

今回紹介する永住の方法は、こちらの記事「カナダ永住権を取得する7つの種類と方法」の記事で取り上げた、永住方法のなかの5番目に紹介したプログラムです。

カナダ永住権のなかの投資移民(高額なお金が必要)や技術系移民(高度なスキルが必要)、頭脳移民(高度な学歴が必要)などの方法は一般的には簡単とはいい難いです。

そして、カナダに移住すると言えばバンクーバーやトロント、またはモントリオールなどの大都市に移住するという方法が一般的ですね。

しかし、このような大都市に移住するとなると永住権の付与の条件がかなり難しくなります。

それはあなたと同じようにこのような大都市に移住したいと思う人が世界各国から来るためなのです。これらの大都市の州政府としてはこれだけ希望者が多いのなら条件を少しくらい難しくしても残れる人(裕福層や高学歴層)を残せばいいとなるのですね。

となると「簡単」の定義は、一般的な職種や収入や学歴で十分な可能性で移民ができるという事だと思いませんか?今回のマニトバ移民はまさしくそれにぴったりな移民方法です。

それでは、実際にそのプロセスの解説したいと思います。

2段階方式の永住権申請と第一レベル


ずマニトバの永住権申請は、2段階方式になります。とは言っても1段階目は簡単です。

1段階3つの条件

マニトバ州で2セメスター以上(夏休み込みで1年間)の通学経験がある(単位が取れるものであって語学学校は含まれない)
マニトバ州で6か月以上の就労経験がある(職種は問わない、またワーキングホリデービザも可能)
マニトバ州に3等身までの親族が1年以上暮らしている
第一段階はみなさんの見てわかる通りですが、ワーキングホリデーで半年間どんな職業でも働けば第一段階は通過できてしまいます。

鍵はどんな就労ビザでも問題ないといったところでしょうか?

実際にカナダ東部最大の都市トロントでは就労経験を積むためにはワーキングホリデービザは使えません。

しかし、マニトバ州は大丈夫なのです。

つまり18-30歳までの方は何の問題もなくワーキングホリデービザが取れますので公平にチャンスがある事になります。また、31歳以上の方の場合は専門学校か短大に行く必要(就労ビザ取得のため)がありますが費用が他の州に比べると安いので、利点が多いです。


第2段階目はポイント制(以下のURL参照)
https://sekai-ju.com/life/can/visa/cndeiju/

PAGE TOP