留学・学校の掲示板

new!

アメリカで永住を目指そう!

~日本で看護師だが、アメリカで看護師として実際に職につけるのか?~
関連コラム びびなび第60回 https://losangeles.vivinavi.com/ls/americakango/60

Q. NCLEX-RN受験申請は個人で行えるようだが、実際に許可証が受理されていない人のブログや経験談をよく見かけるが、実際はどうなのか?
関連コラム びびなび第53回 https://losangeles.vivinavi.com/ls/americakango/53

Q. 医療英語受講を勧める理由はなぜか? 費用を抑えてセブ島で受講しても問題ないか?
関連コラム びびなび第58回 https://losangeles.vivinavi.com/ls/americakango/58

Q. アメリカ看護留学は就労も厳しく、ビザ取得も厳しいので、オーストラリアやカナダニュージーランドを勧める日本の看護留学社が多いが、そもそもアメリカ以外なら看護師としては働けるのか?
関連コラム びびなび第65回 https://losangeles.vivinavi.com/ls/americakango/65

連日、本当にさまざまな相談を受けますが、最も私が大切にしているカウンセリングでのポイントは「どうしてアメリカで看護師になりたいか?」です。私も海外生活20年を迎えますが、「なぜ日本ではなくアメリカでやりたいのか?」を明確にすることで「本当に自分が何をしたいのか」を考え、初心に返ることができます。時の経過とともに、自分の状況や環境が変わっていくのは当たり前ですが、初心を思い出すと、渡米時に自分が何を目標としていたことに加え、次はこれに挑戦してみようという気持ちが湧きあがってきます。これは、少しずつ自分自身を見つめる機会や余裕が出てきた、つまり成長した証とも言えます。

留学生の中には、辛くなったり苦しい思いをすると、あたかも自分だけが被害者であるかのように話をしたり、事実と異なることを周囲に伝えている人がいます。私はそういう人を見るたびに、その時はうまく切り抜けても、いつか同じような試練が来ると思っています。自身でハードルを乗り超えない限り、また辛く苦しい状況に陥った時に、同じことを繰り返してしまうでしょう。けれど、一度その苦しみを自分の力で乗り越えてしまえば、気持ちを切り替えるコツや対策を考える心の余裕も出てくるはずです。友人からのアドバイスでも、本に書いてあった対策方法でも、自分がそのハードルを乗り越えるのに必要な情報を、自分なりに選択し行動する勇気こそが前進だと思います。

http://americakango.com/testimonial-view/n-a/

PAGE TOP