生活情報の掲示板

new!

新しいH-1Bビザ申請 (2021年度)とCap Gapについて

H-1B ビザの抽選の変更は、ビザが拒否または撤回されない限り、H-1Bビザが提出された9月30日までCap Gapを利用してOPT / STEM OPT作業許可を延長しようとするOPT / STEM OPTにいるF-1ビザに大きな影響を与えます。

米国移民局 (USCIS)は、全H-1B ビザCap申請対象者は電子事前登録が必要であることを発表しました。事前登録は3月1日から3月20日まで行われ、USCISはその後抽選を実施し、4月1日までに抽選で選ばれた登録者を企業へ通知します。その後、企業は完全な書類を提出する為に少なくとも90日の期間を与えられます。

規則では、F-1ビザの学生はH-1Bビザの申請をした同じ年の9月30日にステータスの期間とOPTの有効期限を延長する資格を得ることができます。

Cap Gapの資格は、次の要件を満たす必要があります。

1. 申請はステータスの変更として提出された。

2. 時間内に適切に提出された。

3. 同年10月1日の雇用開始日を要求する為、2020年3~4月に抽選をして書類を提出する場合、2020年10月1日が雇用日であること。

4.規則の項目にはないが、申請が提出されるまでOPTのステータスを失効させてはならない。



新しい事前登録はCap Gapにどのように影響しますか?

H-1Bビザの抽選は4月の第1週に完了し、通知を受けた雇用主は完全なH-1Bビザ請願書を提出します。

選択したケースの受領通知は、提出から数週間以内に届き始めるため、Cap Gapはかなり迅速に適用できます。 ただし、新しい事前登録システムでは抽選で選ばれたことが通知されるまで、企業は完全なH-1Bビザ請願書を提出できません。

USCISは、事前登録によるの選択はCap Gapの対象とはならないことを明確にしました。USCISは、F-1ビザの学生がCap Gapの資格を得る前に、ステータスの変更として申請を提出することを引き続き要求します。


新しいシステムとCap Gapに備えて雇用主は何をすべきですか?

企業が事前登録が選択されたという通知を受け取った場合、H-1Bビザ請願を提出するために少なくとも90日が与えられます。事前登録を申請する際、企業は、H-1Bビザの将来の従業員OPTが失効した時期の記録を保持することを検討する必要があります。

企業はこれを使用しF-1ビザの学生がOPTの有効期限が切れる前にCap Gapを利用できるように、ファイリングの優先順位を決定する必要があります。

さらに、企業は、期限切れが迫っているOPTの従業員に対してできるだけ早く提出できるように、完全なH-1B請願書を提出するために必要なすべての文書を準備することを検討する必要があります。

移民弁護士は、LCA (Labor Condition Application )を準備するために、登録時にLCAを提出することを推奨しています。 LCAが認定されるまでに約7日かかり、申請を大幅に遅らせる可能性があるからです。

例えばF-1ビザの学生が4月7日まで有効なOPTを持ち、3月30日に会社に通知された場合、会社がすでに認定LCAを持っている場合、H-1Bを完成させ、郵送し、配信することができます。
F-1学生がキャップギャップを申請できるように、4月7日より前にUSCISに提出してください。


繰り返しになりますが、登録または登録の選択はF-1ビザの学生にCap Gapの資格を与えるものではなく、10月1日の雇用開始日を要求するステータス変更の為の提出のみがF-1ビザ学生にCap Gapの資格を与えます。



その他詳しくお聞きになりたいことやその他のビザのこと等お気軽にお問合せください。
info@visaserve.com

PAGE TOP