イベントの掲示板

new!

Pop-Up うさと服展示会+人気の3人展

Brooklynの人気カフェ、Dar Pioneerのスペースをお借りして開催します。

「服の本質」とは何か、「人間は自然の一部である」と自覚できる「服」を身にまとうことによって、心身の調和が図れる。そう考えて、デザイナーさとううさぶろうが作る生きている服と呼ばれる「うさと」服。
種から育て、手紡ぎ、手織り、天然素材での染めで大切に一反一反作られた、生きている布と言われる布を使い、デザイナーさとううさぶろう氏の動きのあるデザインを吹き込まれて作られた服、うさと服。夏、秋物を取り揃えて展示販売いたします。

また、オーガニックよりもオーガニックとドイツで認められてた100%Cottonの機械織り服は、下着やパジャマとしても人気です。

そして、現在人気急上昇中の3店、

Mizutama Ceramic by Tama Shimada Boettcher

Gemstone Jewelry by Motoi Urano

QOI Natural material Incense by Birdy Hightopnyc

も出店します。生活にワクワク感をもたらしてくれるグッズたち。

そして、シェフTAMAが腕によりをかけて作った 味噌、キムチ、スープの販売もございます。

日時 : August 3 Sat 12 -5pm

場所 : Dar Pioneer 737 Church Ave, Brooklyn 、NY

問い合わせ: universalcreation1000@gmail.com or senkony@hotmail.com


 私たちが生きるためのベースである「衣食住」。衣服のルーツをたどると、布には暑さや寒さから体を守るだけでなく、邪悪なものから心身を守る、魂を癒やすといった「祈る心」が込められていたことがわかりました。また、昔の人が草の根や木の皮で布を染めていたのは、植物にさまざまな薬効があると知っていたからです。薬を飲むことを「服用」、身につけて効く薬を「外用薬」と呼びますが、衣服は、もともと布に染められた草木の薬効を皮膚に吸収させ、病を癒やすものだったのでしょう。

https://youtu.be/G89CdfoJFCA

PAGE TOP