イベントの掲示板

new!

冷泉彰彦先生による「アメリカの名門大学への進学準備のコツ!」セミナー

将来お子さんを、アメリカの名門大学へ進学させたいとぼんやりと考えていらっしゃる方、
いや絶対にアメリカの大学へ行かせると考えていらっしゃる方、
二重国籍のお子さんをお持ちの方、
3月10日(土)に行われる、冷泉彰彦先生ののセミナーにいらっしゃいませんか? なんと、日本国籍のお子さんでも奨学金がもらえるという耳よりなお話も聞けますよ~

∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻

日 時 3月10日(土)10時~13時
場 所 ニューヨーク日系人会館
    49 W 45th St, New York, NY 10036(45th st bet 5 & 6 Ave)

チケットのお求めは、こちらから↓
https://www.eventbrite.com/e/42636437733

∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻

~「Zoom」でライブ中継~
  日本時間:3月11日(日)午前0時~午前2:00

今回、日系人会館にお越しになれない方のために、会議用アプリ「Zoom」で、ライブ中継の配信を行います。世界のどこからでも、セミナーの視聴が可能になりました。メールで送られて来たアドレスをワンクリックするだけで、ライブ中継がカンタンにご覧になれます。

∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻

    「アメリカの名門大学への進学準備のコツ!」

 ~名門大学の卒業は、日系企業をはじめ、
           アメリカの就職活動にも断然有利~

--------------------------------------------------------------

 アメリカの難関名門大学というと、まず最初に思い浮かぶのは、学費の高さです。

今や5万ドル(約500万円)以上が、スタンダート。単純に計算しても、寮費と食費をプラスして、1年間に最低約8万ドル(約800万円)が必要ということになります。

それが4年間ともなると、32万ドル(=約3200万円)に。驚くべき金額です。

大抵の方は、そんな莫大な費用がかかることを知ると「うちの経済状態では、絶対にムリ!」だと、お子さんをアメリカの名門大学へ進学させるのをはなから諦めているのではないでしょうか?

 実は、リーマンショック以降、アイビーリーグ8校を含む、スタンフォード、MITなどのトップ約30校は、返済義務のない奨学金を優秀な留学生にも支給するようになりました。学費と寮費、それに食費、果ては教材費まで、なんと、ほぼ全額が無料になったのです!(※一部の大学では世帯収入などの条件あり)

 それは、なぜでしょう?

大学側からすると、毎年コストの削減に躍起になって頭を悩ませるよりも、世界中から優秀な教授や留学生をかき集めて素晴らしい業績を上げてもらい名声を轟かせ、それが大学の収入につながった方が、遥かに賢い経営手腕だと考えているからです。

ハーバードを中退したマイクロソフトのビル ゲイツやフェイスブックのマーク ザッカ―バーグが良い例で、各名門大学は、彼らのようなクリエーティブでユニークな発想ができる優れた人材を喉から手が出るほど欲しがっているのが実状です。

 ここで、ひとつ「日本国籍のお子さんをお持ちの方」に朗報が!

 あまり知られていませんが、それぞれの大学には出身国別に定員が設けられています。けれども日本国籍の枠は、毎年ぜんぜん埋まらないそうです。

 折角、大学が「全額無料にしますから、是非、うちに来てください」と門戸を大きくあけ放っているのに、志願する日本人学生の数が極端に少ないとは、なんとも、もったいないお話です~!

 ということで、3月10日(土)は、長年、プリンストン日本語補習校の高等部で、主任として教鞭をとってこられた冷泉彰彦(れいぜい あきひこ)先生をお招きし、そのあたりの事情を詳しくお聞きした後、今まで何人もの教え子を難関名門大学の合格へと導いた経験に基づく「アメリカの名門大学へ進学する際に知っておいた方がよい7つのこと」をお話して頂きます。

 冷泉先生は、2014年に「アイビーリーグの入り方~アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準 」を上梓されましたが、今回は、ページ数の関係で書ききれなかった、ご著書と重複していない内容となります。

 是非とも一度、先生のお話をお聞きになり、お子さんをアメリカの名門大学へ進学させるべきか否かをご検討されてみてはいかがでしょう?

∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻

プロフィール:
冷泉彰彦(れいぜい あきひこ)
東京都生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院卒業(修士、日本語教授法)。福武書店(現、ベネッセ・コーポレーション)、ベルリッツ・インターナショナル社、米国ニュージャージー州立ラトガース大学講師を経て、現在はプリンストン日本語学校高等部主任。1993年より米国在住。

メルマガ:
メールマガジンJMM(村上龍編集長)に
「FROM911、USAレポート」を
毎週土曜日号として寄稿(2001年9月より、現在は隔週刊)
「Newsweek日本版公式ブログ」寄稿中
『プリンストン通信』配信中

著 書:
『アイビーリーグの入り方』(CCCメディアハウス)
『トランプ大統領の衝撃』(幻冬社新書)
『予言するアメリカ』(朝日新書)など多数 

∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻

予定セミナー内容:パワーポイントを使ったレクチャー形式

「アメリカの名門大学へ進学する際に知っておいた方がよい7つのこと」

1)留学生にも適用される奨学金
日本国籍でもOK?
ニード・ベースとメリット・ベースとは?
カバーする金額は? 
奨学金を申請すると合否に関係する?

2)就職活動の際に有利な学校の選び方
名門大学の同窓会は、コネクション作りに有利?
 日系企業とアメリカの企業では、どんな学生を採用する?
 重要視されるのは、卒業した学校? GPA? 面接?

3)小さい学校VSマンモス学校
カテゴリ分けしてみると、、、
専攻学校で、大学を選ぶ?
キャンパス見学ツアーは行った方がいい?
行くならいつ?

4)アイビーリーグは入っておいた方がいい?
利点と欠点
(IVYリーグ8大学とカルテック、スタンフォード、MIT等)

5)SAT 対 ACT
どっちが得点を取りやすい?
両方受けてもOK?
受験は何回まで?
いつ受けるべき?
SAT2とAPの位置付けは?

6)名門大学の合格基準は?
スポーツや課外活動歴は必須?
ボランティアをしていないとダメ?
数学はどこまで進んでおくべき?
APクラスは、最低3科目、それとも5科目?

7)出願までの流れ
準備の仕方、時期など(タイムテーブル)
アーリーディシジョン活用のストラテジー
学校のカウンセラーとの連携
エッセイの指導は誰にお願いすべき?
プロのコンサルの役割

-----------------------------------------------------------------------------
【直接指導した生徒の合格実績(順不同)】
プリンストン大学・・・・・・4名
コーネル大学・・・・・・・・2名
コロンビア大学・・・・・・・4名
カーネギー・メロン大学・・・4名
ジョン・ホプキンス大学・・・3名
ニューヨーク大学・・・・・・5名
ワシントン(セントルイス校)2名
ラトガース大学・・・・・・・5名
ボストン大学(BU)・・・・3名
リーハイ・・・・・・・・・・2名
その他:
ハヴァーフォード、スウォースモア、シカゴ大学、ノースウェスタン、ウェスレイアン、ロチェスター、ミシガン大学、マイアミ、ラフィエットなど

∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻
開 場    9:30~
セミナー  10:00~11:45
質疑応答  11:45~12:00
懇親会   12:00~13:00
閉 場   13:00

∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻

お問い合わせ:
Mail sano@fun-iverse.com(佐野)
TEL  646-228-5343

主催 ファニーバース株式会社

(変更日時:2018/02/04 21:20)

PAGE TOP