出産・育児の掲示板

new!

必見! 食べてはいけない食品

【ガンになりやすい『異性化糖』『増量剤』『隔離剤』が入った食品実名100】週刊新潮がスクープ

〜こんなものを子どもに食べさせるの?〜

★ スーパーで売っている有名メーカーのパン、ハム、カップ麺、飲み物に入っている!

★ 安くて、美味しくて、便利な食品、アメリカでは社会問題に!

☠️ 異性化糖➡︎安価な甘味料としては多くの食品に使用。肥満や高血圧をもたらしやすいと米国では排除運動が起こった。実際の表示は、果糖ブドウ液糖、ブドウ糖果糖液糖、異性化液糖などと表示

※ お菓子類、惣菜パン、缶詰、清涼飲料水他

☠️ 増量剤➡︎リン酸塩(Na)は動脈硬化。加工でんぷんは発ガン性物質を含む恐れがある。

※ 安価なハム他には、増量剤として、大豆タンパク、卵白、乳タンパク、特に『加工でんぷん粉』と記載されている場合、発ガン性物質が含まれている可能性がある!

※ リン酸塩は、過剰摂取すると、カルシウムの吸収を阻害し、骨粗鬆症の原因になり、腎機能にダメージを与える!

※リン酸塩は、リンとカルシウムが血管に沈着する『血管の石灰化』が進行して、最終的には血管を詰めらせて、心筋梗塞や脳卒中の要因に!

※リン酸塩は、色調調整剤として、魚の缶詰、レトルト食品、パン、お菓子、インスタントラーメン、チーズ、清涼飲料水、チューハイなどに含まれている!

☠️ 隔離剤➡︎食品の酸化を促す金属イオンを『隔離』し、劣化を防ぐ。実際の食品では、酸化防止剤(EDTA-Ca-Na)と表示される。

☠️ 増粘多糖類➡︎一括表示される増粘多糖類は、具体的にどんな添加物が使われているのかわからない。発ガン性など、毒性のある物質が使用されている可能性がある!

※ 冷凍食品、タレ、カップ麺、お菓子類他

☠️ 漂白剤➡︎ 漂白剤(亜硫酸塩)、漂白剤(二酸化硫黄)と書かれているものは要注意

※惣菜等、お菓子類他

☠️ 発色剤➡︎ 食品の色を鮮やかに保つために使う発色剤。そのひとつである亜硝酸塩(Na)は、健康被害が報告されているため、要注意だ!

※ ハム、ソーセージ、冷凍食品、缶詰他

☠️ 保存料➡︎ 雑菌の増殖を抑えることで食品の腐るのを防ぐ、ソルビン酸カリウムは、人間の体内に入ると腸内細菌に対する強い毒として作用する。人間の細胞を働きかけて、細胞をガン化させる危険性があると報告されたいるため、摂り続けないほうがいい!

※ 菓子パン、ハム、惣菜等

☠️ 『加工でんぷん粉』に要注意➡︎ 増量剤として、ハム、ソーセージ、ベーコン、惣菜パンに使われている!

■上記は週刊新潮に書かれている世界でも大きな問題になっている食品添加物を使って販売されている食品が実名で100種類書かれていますが、まさか自分の子どもや孫に買っていませんね‼️

(変更日時:2019/02/11 15:11)

PAGE TOP