おしえての掲示板

new!

Re:携帯電話 i-PHONE? それともそれ以外?

  • 投稿者:日本からの投稿者さんへ。
  • 投稿日時:2018/08/07 18:08
  • エリア:
アメリカでは日本のメーカーの家電、音響機器、通信機器など、とっくに市場から退いています。十代のアメリカ人は、日本のメーカーの名前を言っても分かりません。

iPhoneが日本に登場したのは2008年6月のことですから9年が経過します。そのiPhoneの登場で日本のスマホ市場にも火がつきますが、時すでに遅し。iPhoneをはじめとして韓国サムスンの新鋭なスマホが次々と販売され、国内メーカーは既にスマホ後進国となってしまい、殆どのシェアを海外メーカーに総ナメにされる事態となりました。
これには日本の携帯電話がガラパゴス携帯、いわゆるガラケーが国内で独自のマーケットを築き上げてしまったことに起因すると考えます。

日本のガラケー文化は世界の携帯電話業界でも異例の昨日を誇るなど、ユーザーの利便性を追求するあまり世界標準とはかけ離れた独自の路線で開発が進められ今日まで進化してきました。
故にガラパゴス諸島の独特の生態系からヒントを得て、皮肉にもガラパゴス携帯 と呼ばれるようになったのは記憶に新しいところですね。

その間、世界では来たるスマホ市場参入に向けての研究・開発が秘密裏になされていました。
そう考えるとiPhoneはまさに黒船ですね。自分も使っていますが国内製品よりもはるかに優れていて使い勝手もいいのなら海外製の製品でも違和感なく使えるという事実をiPhoneが教えてくれました。

国内メーカーを擁護したいという考えが無い訳では無いです。そうかと思えば国内メーカーは倒産しかかって海外メーカーからの経営支援を求めるようになっていたり、経理の不正疑惑で倒産寸前に追い込まれたりと失態を晒しています。

これまでの高度経済成長期に登るところまで上り詰めた彼らは、もう努力することを忘れてしまったのでしょうか?。世界の〇〇などと呼ばれてすっかり有頂天になり、しなくてもいいような太陽光事業になんて手を出すからあっという間に経営不振です。

現在のスマホ分野においては製品をつくるというよりも高性能なスマホの部品を海外メーカーに対して供給するというだけで企業として生き残っているのですから、それはそれでいいと個人的には思います。




PAGE TOP