おしえての掲示板

new!

Re:急病人と被ばく

  • 投稿者:被ばくするぐらいなら放射脳でいいです
  • 投稿日時:2017/11/09 9:01
  • エリア:
立ち止まって、良く考えながら、このコメント読んでみて欲しいです。食べて応援したい方はご自由に!
食べないのも人の自由です!

>>体の外にある放射性物質から放射線の放射を受けるのが『外部被曝』です。一方、 小さな埃や粉塵等に付着した放射性物質そのものを食べ物とともに体内に取り込んだり、呼吸とともに肺から吸い込み、体内に入った放射性物質から放射線を受けるのが『内部被曝』です。
外部被曝と異なり、内部被曝では体内に取り込まれた放射性物質により、至近距離から局所的に強い放射線を長い期間継続的に浴び続けるため、低線量でも危険性が高く、繰り返し放射線を受け続けた臓器に癌が発生しやすいとされています。
外部被曝は殆ど到達距離が長いガンマ線から受けるものです。(加えて若干ながらベータ線による外部被曝もあります)
一方、内部被曝は放射性物質の粒子を吸い込んだり食べたりするわけですから、アルファ線、ベータ線、ガンマ線ともに受けます。
ガンマ線を発する物質を取り込んでも、先述したように到達距離が長いのでエネルギーの殆どが体外に出てしまうので、受けるダメージは限定的です。一方、問題なのはアルファ線とベータ線の内部被曝です。アルファ線とベータ線はガンマ線に比べて飛距離は短く、体外であれば簡単に遮断できますが、その短い距離内で放射するエネルギーはガンマ線より遥かに大きい(正確に言うと、アルファ線は電離作用が強い)ため、アルファ線核種やベータ線核種から受ける内部被曝の影響は非常に大きくなります。
プルトニウム239はアルファ線、ストロンチウム90はベータ線、セシウム137はガンマ線を出すので、プルトニウムやストロンチウムは危険だ、と言われることが多いですが、若干正確性に欠けます。正確にはセシウム137は崩壊の過程でベータ線もガンマ線も放出します。

■汚染された食べ物を食べない

内部被曝から身を守る唯一方法は、汚染された食べ物を食べないことしかありません。

セシウムなど食品を通して体内には入ってしまった放射線物質は、体内に蓄積してゆきます。なのでどんなに線量が低くても食べ続ければ内部被曝が起こります。




PAGE TOP