みんなで作るNYブログ集


  • ・このページはニューヨークで暮らす人、ニューヨークが大好きな人のブログ集です。
  • ・更新順で最新ブログが表示されています。
  • ・カテゴリー順でカテゴリーごとの最新ブログが表示されます。
  • ・カテゴリーを選ぶとそのカテゴリーのブログ一覧が表示されます。

  旅行・観光 2017年6月27日  
  Petite New York
  Creator: mikissh
ニューヨークの夏の恒例イベントとなっている HBO ブライアントパークサマーフィルムフェスティバル (HBO […] The post ブライアントパークNY夏の人気イベント 映画祭へ行ってきました!ニューヨーク映画の名作「オンザタウン」 appeared first on Petite New York.
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月27日  
  ニューヨークの遊び方
  Creator: NY_Liberty
6月22日に乳がんでお亡くなりになられたフリーアナウンサー・小林麻央さん(享年34)。多くの方々から「自分のことよりも人のことをいつも思いやっていた…」という麻央さんは、過酷な闘病生活の中、しかも旅立つ直前、最後になったブログの一番最後のメッセージも、『皆様にも、今日 笑顔になれることがありますように。』・・・。 そんな麻央さんのブログ(その名も、『KOKORO.』=心ですよ)には、闘病生活の日々が記されておりまして、日本ではもっぱら忌み嫌われ、滅多に公には語られてこなかった癌に対する考え方に、前向きな影響を与えました。 麻央さんのブログを見て、麻央さんと同じように癌との闘病生活に立ち向かう勇気を得た患者さんたちやそのご家族の方々は数知れず。 また、他の病気や病気ではない多くの方々も、前向きに病と向き合う麻央さんの姿から、沢山のことを学ぶことになりました。本当に素晴らしい。めちゃめちゃ素晴らしい。その素晴らしさは、いつの間にやら日本国内どころか世界レベルで高く評価されることになりまして、昨年2016年、麻央さんは、なんとイギリスのBBCが選ぶ社会に影響与えた「100人の女性」にも選出!!!  ちなみに、日本人では、麻央さんお一人だけ。すごい。 そんなわけで、当然、BBCは、麻央さんがお亡くなりになられたことも報じているのですが、いったいどのような内容なのかなと気になって見にいってみたら、中学生とか超初級レベルのとてもシンプルな英語なのに、海老蔵さんが書いたブログの文面、例えば、"the day I cried most in my life".(人生で一番泣いた日です。)とかも丁寧に紹介してたりしまして、心にしみるなかなかの名文になってるんです。 そう、心にしみるので、中高生の英語の授業の教材とかにも良いと思います。というか、この内容でしたら、英語だけじゃなくて、もっとずっと大切な「人生の意義」などついての勉強にもなるでしょう。 特に、以下の部分:Mr Ichikawa, who lost his father, the famed kabuki actor Danjuro Ichikawa XII to pneumonia four years ago, told a press conference on Friday that the family gathered on Thursday after Ms Kobayashi's mother realised her condition had taken a turn for the worse. "Mao was able to talk the day before yesterday, but yesterday, she was unable to speak. When she passed, she was looking at me. She said 'I love you' and left us." Mr Ichikawa said his wife continued to think only of her family and "show them her smile" until the last, adding: "She fought the cancer hard, she thought she could be of help to others if she could cure the illness. "That's why she started her blog. Because of the media, her illness became public, and in a way, it was a good thing. "By starting the blog, she could share feelings with those who're fighting the same illness. She was incredible. I know I'll keep learning from her."真央さんはお亡くなりになられたのですが、この記事の一番最後の一文は、上述の通り、”I know I'll keep learning from her.”(ボクは彼女からこれからも学び続けていくって分かってます)という未来形に・・・。 なぜ、未来形なのか?  思春期真っ最中の、中には生きることの意味や人生の意義などについて考え始めているかもしれない中高生の子たちに、ぜひ、聞いてみたいですよね。 〔ご参考〕 ・Mao Kobayashi: Japanese cancer blogger dies at 34[23 June 2017 - BBC] ・100 Women 2016: Kokoro - the cancer blog gripping Japan[23 November 2016 - BBC] ・2017/06/23[2017-06-23 - 市川海老蔵ブログ] ・オレンジジュース[2017-06-20 - KOKORO.小林麻央オフィシャルブログ] ※コメント欄にはログインが必要です。お手数をおかけしますが、ExciteホームでID登録しブログトップでブログを開設してからログインください。既に登録済みの方はそのままご利用頂けます。 「人気blogランキング」
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月27日  
  ニューヨークお散歩通信
  Creator: Shinya
先週、日本の洋食が食べられる「バー・モガ(Bar Moga)」に行ってきました。同店はウエストビレッジのハウストン通り沿いにあります。 店内に入ると、大正時代にタイムスリップしたか […]
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月27日  
  ニューヨークお散歩通信
  Creator: Shinya
先週、日本の洋食が食べられる「バー・モガ(Bar Moga)」に行ってきました。同店はウエストビレッジのハウストン通り沿いにあります。 店内に入ると、大正時代にタイムスリップしたか […]
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月26日  
  ウルトラマリン:ボーダーレスなライフスタイルの作り方
  Creator: 
Hi there!週末は、市ヶ谷にあるInstitut Français のイベントFête de la musiqueに行ってきました。緑のなかでまったりと、半日ライブを聞いていました。フランスでは、夏至の日を「音楽の日」として各地で一日中様々な演奏会が開かれるそう。夏の到来をお祝いするしあわせなひとときでした。フランスのイベントなので、当然ですが、聞こえてくるのはフランス語ばかり!My rusty French ではどうにもなりません。ブログでいつも偉そうなことを言っていますが、フランス語を
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月23日  
  ニューヨーク(New York)観光・生活情報 – NYPG
  Creator: Erica
香水にはこだわりのあるErica(@nypg_erica)です! 皆さんはどこの香水を使っていますか?私も渡米してから色々買いましたが結構被ることも多く、なかなか私にあう香水を見つけることができなかったです...そんな時に出会ったのがアトリエ・コロンの香水でした! 1本300ドルほどするので学生や貧乏な私の財布には優しくないですが、本当にアトリエ・コロンの香水は素敵な匂いなのでシェアさせてください!また今日紹介するアトリエ・コロンは日本にも店舗があるみたいですし、オンラインでも購入できる場所が複数あるみたいなので、気になった人は買って見てください。 素敵な匂いに包まれた店内 店舗はソーホーの横のエリアのノリータにあります。実はアトリエ・コロンの香水は全て自然成分でできているため、現在大量生産されているデバートで販売されている香水のように人工的な香りは含まれていないのもポイント! しかも、アトリエ・コロンの香水はワインと同じで時間の経過につれて香りの変化が感じれる香水なんです!なので、匂いフェチの人や香りを楽しむのが好きな人にはマストアイテムです。 ですが、これだけ種類があるので全部テイストしてもどれがどの匂いかわからなくなってきます(笑) だけど、アトリエ・コロンで香水を買ってビックリしたのがアトリエ・コロンの香水は時間の経過につれて香りの変化がするだけではなく、その人が持つ体臭に合わせて匂いが変わる(?)とスタッフが言っていました。なので、最終的に世界に1つだけの匂いの香水になるみたいです。 「私はカバンによく入れて持ち運ぶので、このサイズだと大きいな...」と相談すると、「トラベル用のサイズも展開してるよ!」と教えてもらいました。これなら日本に一時帰国するときに便利そう。 「無くさないように名前もいれれるよ!」と言われました。パッと見て「無くし癖」があるのがバレたのですかね。 トラベルサイズの香水の展開は全てはしてないみたいです。もし好きな匂いのトラベルサイズがある方はラッキーです。私のはなかったですね...なので、諦めて大きいサイズのものを買いました。財布が...(涙) お会計を済ましている間にキャンドルの匂いを嗅いでいました。キャンドルっていいですよね。1つ50ドル近くするので今回は見送りましたが、近々また買いに行きたいです。 最後に商品をもらうときにスタッフの人に「好きな香りは香りの世界を知ると変わっていくものなんですよ」と言われて、ちょっとドキッとしました(笑) アトリエ・コロンは素敵なお店でした!それにしても、スタッフの人イケメンだったな...(笑) インフォメーション 247 Elizabeth St, New York, NY 10012 オススメ度 : ★★★★★ 住所:247 Elizabeth St, New York, NY 10012 電話番号:(212) 256-0909 営業時間:12時00分~20時00分(営業時間変動あり。詳しくはHPを見て下さい) 最寄り駅:Prince st(NR線) WIFI:なし 電源:なし トイレ:なし ホームページ:http://www.ateliercologne.com/storelocator
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月22日  
  Amnet Times
  Creator: amnetnewyork
新世界の七不思議の一つにも選ばれた空中都市、『マチュピチュ遺跡』ですが、7月1日より適用されます新しい入場規制に 関する追加詳細が発表されました。 * 下記は7月1日から10月31日までを移行期間として適用する規定です。 ◎ 新方式が発表された前に既に購入されていた入場券は購入時点の   条件のまま終日有効とする。 ◎ 遺跡内滞在時間は最長4時間...
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月19日  
  ニューヨーク観光.com
  Creator: NYKANKO
個性的なファッションと優れた楽曲で有名なレディー・ガガが、 6月13日から一週間限定でアメリカ&カナダのスターバックスとコラボ商品を発売しました。 このカラフルな4つのドリンクは、左から 抹茶レモネード⇒名前の通り、抹茶とレモネードをミックスした涼しげなグリーンのドリンク。 バイオレットドリンク⇒ベリーベリーハイビスカスのリフレッシャーズに、クリーミーなココナッツミルクをブレンド。 ピンクドリンク⇒ストロベリー&アサイーのリフレッシャーズにココナッツミルクをミックスしたかわいいピンクのドリンク。 赤色のきれいなオンブレピンクドリンクは、クールライムのリフレッシャーズにココナッツミルクとパッションタンゴティーをブレンドしたもの。 これらのビバレッジを購入すると、ガガが設立した若者を支援する財団 「Born This Way Foundation」に$0.25ドルが寄付されるという仕組みです。✨ キュートな広告に惹かれ、抹茶レモネードとピンクドリンクを思わず買ってしまいました♪♪ Alexいわく、抹茶レモネードはレモネードが前面に出た爽やかな味わいだそうです ピンクドリンクは苺ミルクのような見た目で、甘そうだなぁと思ってましたが さっぱりと甘酸っぱく、ココナッツミルクが入っているからかトロピカルジュースのような風味もあり、どちらも初夏にぴったりなドリンクでした♫♫ 残念ながら日本での販売予定はありませんが、もし販売されたらきっと人気が出そうです。 日本ではフラペチーノが人気のスターバックス、アメリカには本拠地だけあって街中に沢山店舗があり、普通にコーヒーチェーンとして人気です。ダンキンドーナツのコーヒーが店舗数&値段で勝っていますが、店内の内装も含めてやっぱりスタバの雰囲気は良いですよね 以上、ニューヨークの小さなニュースでした
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月16日  
  今日のトミー ~NYハーレム便り~
  Creator: tommytomita
by 松尾公子 ★★今年から、新しくアメブロも始めました! ★★ 毎日更新(のはず)。こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓ 「ニューヨークとハーレムと音楽の話」  http://ameblo.jp/harlemusic/ ニューヨークというのは、とても便利な街です。 アートや、音楽、演劇、ビジネス、etc.、自分の目的でこの街を訪れる人が絶えず、”ついでに”、いつも私達に連絡をくれますので、日本に帰国せずして色々な人と会えるんです。 最近は、この二人とトミーさんの、大変嬉しい再会がありました。 まず、 5月にミッドタウンの日本クラブでコンサートをした「ピアノの魔術師・天才クニ」と言われるJAZZ界の大巨匠、スガチンこと菅野邦彦氏。 「日本初のライブレコード」を発表したのはこの人で、あの有名なオーディオ評論家・菅野沖彦氏を兄に持つ天才一家。 天皇陛下と同期に学習院に通っていた彼の「繊細な」ピアノは当時から評判で、トミー富田さんが、六本木で経営していた有名ジャズクラブの専属となり、そこに世界的ジャズピアニスト、エロル・ガーナーが来て朝方まで演奏したのは有名な話。 人気テレビ「夢で逢いましょう」「11pm」レギュラー出演後、スガチンの”サンダーバード"で色々な有名人を送っていったこと、 ジョン・レノン他著名人との交流etc、、、、、 お互い話が尽きず、ついに2日間夜中まで一緒に過ごしました。 ピアニストなのに、転調で指使いが変わる現行のピアノを、実は見るのもいやなくらいずっと嫌いで、 遂に、段差が無い平らな世界初の「未来鍵盤」を自ら開発、この夢の実現が80歳現役の若さの秘訣のようです。「スガチン!」というトミーさんの呼びかけで振り返り、数十年ぶり男泣きの再会。 今どき「スガチン」なんて親しくの呼ぶのはNYではトミーさんくらい。 勿論、翌日はハーレムにも連れてきました。(有名なソウルフード店「エイミールース」の人気メニュー”Tommy Tomita"を食べた二人の写真) そして、5月末にカーネギー大ホールでゴスペルコンサートをした、日本のゴスペル第一人者、トミーさんの40年来の友人の亀渕友香さん。友香さんのゴスペルグループVOJAは今や日本最大。日本から色々な芸能人を紹介してくれたり、NYに来ると、一緒にジャズに行ったりする大切なトミーさんの音楽仲間です。 お互い東京育ちですが、友香さんは札幌生まれ、トミーさんは札幌オリンピックの選手。今回のソーラン節(ゴスペルヴァージョン)は、アメリカ人にも私にもかなりウケました。 最後は「また絶対ニューヨークで!」としっかりハグしてお別れ。 スガチン、亀渕友香さん、二人に共通しているのは、 音楽への熱い思いと、 自分がしてきたことへの確信と、 次世代に継承したいというパワー。 こんな人たちがひっきりなしにやってくる街、 ニューヨークに感謝です。 ~全米36 都市配布の日系無料紙「ニューヨーク・ビズ」 に掲載中のコラム「トミー富田のハーレム浅草下町孝」2017年6月号より転載~ <関連過去ログ> ※日本人初!メニューに登場 (2009年 9月) ..................... 今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。 人気ブログランキング 有難うございます ..................... ブッキング・コーディネイトは、お気軽に 電話 1-646-410-0786(日本語) または harlemtommytour@hotmail.com (日本語) までお問い合わせください。 ..................... ★トミー富田ドットコムへ戻る★
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月16日  
  今日のトミー ~NYハーレム便り~
  Creator: tommytomita
by 松尾公子 ★★今年から、新しくアメブロも始めました! ★★ 毎日更新(のはず)。こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓ 「ニューヨークとハーレムと音楽の話」  http://ameblo.jp/harlemusic/ ニューヨークというのは、とても便利な街です。 アートや、音楽、演劇、ビジネス、etc.、自分の目的でこの街を訪れる人が絶えず、”ついでに”、いつも私達に連絡をくれますので、日本に帰国せずして色々な人と会えるんです。 最近は、この二人とトミーさんの、大変嬉しい再会がありました。 まず、 5月にミッドタウンの日本クラブでコンサートをした「ピアノの魔術師・天才クニ」と言われるJAZZ界の大巨匠、スガチンこと菅野邦彦氏。 「日本初のライブレコード」を発表したのはこの人で、あの有名なオーディオ評論家・菅野沖彦氏を兄に持つ天才一家。 天皇陛下と同期に学習院に通っていた彼の「繊細な」ピアノは当時から評判で、トミー富田さんが、六本木で経営していた有名ジャズクラブの専属となり、そこに世界的ジャズピアニスト、エロル・ガーナーが来て朝方まで演奏したのは有名な話。 人気テレビ「夢で逢いましょう」「11pm」レギュラー出演後、スガチンの”サンダーバード"で色々な有名人を送っていったこと、 ジョン・レノン他著名人との交流etc、、、、、 お互い話が尽きず、ついに2日間夜中まで一緒に過ごしました。 ピアニストなのに、転調で指使いが変わる現行のピアノを、実は見るのもいやなくらいずっと嫌いで、 遂に、段差が無い平らな世界初の「未来鍵盤」を自ら開発、この夢の実現が80歳現役の若さの秘訣のようです。「スガチン!」というトミーさんの呼びかけで振り返り、数十年ぶり男泣きの再会。 今どき「スガチン」なんて親しくの呼ぶのはNYではトミーさんくらい。 勿論、翌日はハーレムにも連れてきました。(有名なソウルフード店「エイミールース」の人気メニュー”Tommy Tomita"を食べた二人の写真) そして、5月末にカーネギー大ホールでゴスペルコンサートをした、日本のゴスペル第一人者、トミーさんの40年来の友人の亀渕友香さん。友香さんのゴスペルグループVOJAは今や日本最大。日本から色々な芸能人を紹介してくれたり、NYに来ると、一緒にジャズに行ったりする大切なトミーさんの音楽仲間です。 お互い東京育ちですが、友香さんは札幌生まれ、トミーさんは札幌オリンピックの選手。今回のソーラン節(ゴスペルヴァージョン)は、アメリカ人にも私にもかなりウケました。 最後は「また絶対ニューヨークで!」としっかりハグしてお別れ。 スガチン、亀渕友香さん、二人に共通しているのは、 音楽への熱い思いと、 自分がしてきたことへの確信と、 次世代に継承したいというパワー。 こんな人たちがひっきりなしにやってくる街、 ニューヨークに感謝です。 ~全米36 都市配布の日系無料紙「ニューヨーク・ビズ」 に掲載中のコラム「トミー富田のハーレム浅草下町孝」2017年6月号より転載~ <関連過去ログ> ※日本人初!メニューに登場 (2009年 9月) ..................... 今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。 人気ブログランキング 有難うございます ..................... ブッキング・コーディネイトは、お気軽に 電話 1-646-410-0786(日本語) または harlemtommytour@hotmail.com (日本語) までお問い合わせください。 ..................... ★トミー富田ドットコムへ戻る★
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月14日  
  ニューヨークスタイル
  Creator: amedorinewyork
こんにちは、板越ジョージです。 東京は梅雨にはいり18度、梅雨のないニューヨークは33度と気温差が激しい 今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしですか。 前回のメルマガでも日本でのキーワード「地方創生」について書きました。 私は高校を卒業して以来、ずうっとアメリカだったので日本への憧れが強くなって いました。おそらく私だけではなく、祖国を離れて長く海外滞在の人は同じ思い ではないでしょうか。 在米歴の長い私の知人もよく「日本にいるときは田舎が嫌で嫌でしょうが なかったけど、今は地元が大好き。出身地を誇りに思ってます」 とことあるごとに言っています。 私も同様で、「こんな地元から早くでたい!」と思っていましたが、今は大好きで 大好きでたまりません(笑) 現在は、地元だけではなく、もっともっと祖国日本を知りたいと色々な言い訳を つけては、日本全国を行脚させてもらっています。 地方に行くたびに、これをNYに持っていったらや東京でも流行るのではないの かなと思うものがたくさんありますね。 というわけではないですが(笑)、6月23日に名古屋の中日新聞社主催のセミナー、 6月26日東京で日本経済新聞社主催のセミナーで「クラウドファンディングと地方創生」 に関して基調講演をさせて頂きます! しっかりとクラウドファンディングに関して学びたいということは、6月17日(初級講座)、 24日(2級講座)に大阪、7月1日(2級講座)東京でセミナーを開催します。 そして、恒例のNY異業種交流会は、NYで6月23日、大阪で16日に開催します。 NY異業種交流会の講師は、カラオケチャンプの木田社長、大阪NY異業種交流会の 講師はスタンダップコメディアンのリオ小池さんをNYからお迎えいたします。 皆様とNY、東京、大阪、名古屋でお会いできるのを楽しみにしております! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ★☆ グローバルラボNYニュース Vol.667 6/14/2017 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ NY異業種交流会 www.igyoshu.com 6月23日、7月21日、8月18日、9月8日 www.igyoshu.com 大阪NY異業種交流会 6月16日@Rough Labo扇町公園 www.igyoshu.com/jp クラウドファンディングセミナー www.cf-ri.ccom ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ※このメルマガは、ご登録くださった方、または板越ジョージと名刺や メール交換させていただいた方々に、送信させて頂いております。 メルマガ登録解除方法は末尾に掲載しております。 ■板越ジョージのプロフィール → http://www.amedori.net/history/ ■Facebook、Twitter、Instgram、Linkedinやっています。 お気軽にお友達申請をお送り下さい! ID ゛板越ジョージ″ "george itagoshi" ■板越ジョージのブログ →http://amedori.exblog.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ --------------------------------------------------------- ★☆このメルマガに広告を載せませんか?☆★ 在NYの日本人8000人にアクセスできます! 1回50ドルから お問い合わせ info@amedori.net まで --------------------------------------------------------- ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 最後までお付き合い頂き、有難うございました。 皆様の有益な情報を送信することを努めます。 よろしくお願いします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■グローバルラボ → http://glabony.com/ ■NY異業種交流会公式サイト → http://www.igyoshu.com ■US起業・会社設立支援サイト → http://www.uskigyou.com/ ■板越ジョージのプロフィール → http://www.amedori.net/history/ ■板越ジョージのブログ → http://amedori.exblog.jp/ ■Facebook、Twitter、Instgram →George Itagoshiで検索 ■ご意見、お問い合わせ → info@igyoshu.com ■このメルマガへの広告は ~ 只今キャンペーン特別価格 → info@igyoshu.com ■NY異業種交流会ニュース 発行人:板越ジョージ Global Labo 545 8th Avenue Suite 1410, New York, NY 10018 ■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ■メルマガ解除 →https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=itagoshi
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月10日  
  都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末
  Creator: kawamuko
ブログ復活以来、食べ物ネタが続いてますが・・・笑 前回ご紹介した食材配達サービス のサイトにあったレシピを使って(サービス買えよっ・・爆)、「マリオ・バジル・スパゲティ」なる料理を作ってたのですが・・・ この食材配達サービス、ちょっと手に入らない材料を使ったりするんですよね~。 今回の場合は、生のチョリソーのひき肉。 なので、チョリソーの生ソーセージをばらして代用。 できましたん^...
全文を読む  
  旅行・観光 2017年6月7日  
  NYでアパートメントホテル
  Creator: yukari
ちょっと肌寒い日が続きました。でも今週末は良いお天気になりそうです~!フラッシングの牛角はまだオープンしていませんが、友達とビレッジの牛角に行って来ました!3時から6時までがハッピーアワーなんです。5時ごろ行ったのですが、既に席はほぼ満席で、バーカウンターに席があるのみでした。皆さん早い・・・!平日なんですけど・・。でもハッピーアワー時間に行くと安いですね!!ついつい頼みすぎてしまいます!  ←ポチっとお願いします。MINEアパートメントホテル  ←夏休みのご予約受付中です!!
全文を読む  
  旅行・観光 2017年5月6日  
  NY探検隊
  Creator: newyork10707
カオルーンシャングリラホテルに宿泊しました。   外観です。↓ 45?あります。&da...続きを読む >>
全文を読む  
  旅行・観光 2017年4月29日  
  世界を飛び回るトラベルライターKANAの旅BLOG
  Creator: 
Paris mag【暮らすようなパリの旅 連載スタート!】「Paris mag」というパリのメディアで、私の「暮らすようなパリの旅」の連載がスタートしました。世界各国の都市に転々と暮らすように旅している私。 パリでは一ヶ月、パリジェンヌのように暮らしました。そんな「暮らすように旅するパリ」のアイデアを紹介していきます。 是非ご覧ください❤Paris mag -「暮らすように旅するパリ」by KANA http://parismag.jp/tag/kanaトラベルフォトジャーナリスト KA
全文を読む  
  旅行・観光 2017年1月5日  
  ケロヨン@ハノイ日記
  Creator: 
成功の必要条件ではないんだ。有利ではあるけれど。
全文を読む  
  旅行・観光 2016年6月19日  
  卒煙魂のSmoke-Free Journey
  Creator: 卒煙魂
[東京] ブログ村キーワード皆さま、大変ご無沙汰しております。時が過ぎるのは凄く早いもので、このブログを更新しなくなって2年半も経過してしまっていました。。日本に帰国して6年程度が経ちましたが、最近ふとアメリカ生活のことを思い出すことも多く、久々にブログを見てみたら、2年半も更新していないながら、今年に入って過去の記事について数件コメントを頂いていたことが分かり、コメントへのお返事と合わせて、久々に更新させて頂こうかと思った次第です。思うがままに綴らせて頂くと‥‥東京生活となり大きく変わったのは‥‥車を持たず、移動手段が電車中心となったことと、、以前よりはジャンクフード率が下がったことでしょうか(笑)。食については、帰国当初はかなりジャンクフード志向が強かったのですが、さすがに最近は減ってきたと感じています。「アメリカの有名バーガー店が東京に出店!」的なニュースもここ数年で幾度か目にしましたが、まだ行っていません(決して、「本場で行ったことあるもん」という思い上がりではなく、シンプルにジャンクフード店から足が遠のいているということでして‥‥)。とは言いつつも、ネットでマクドナルドのデリバリーは簡単にできますし、日本のデリバリーピザもボリュームはともかく味はかなりハイレベルですので、デリバリーということでは、過去記事で多く取り上げたような食から完全に離れた訳ではありませんが。。その意味で、マクドナルドのデリバリーはなかなか凄いですね。。ネット注文して20~25分程で配達してくれますし、コーヒーも熱いままで堪能できます(過去ビッグマック指数について書かせて頂いた記事はコチラ)。まだまだマクドナルドからは卒業できそうにありません(笑)。車については、6年前までは長らくマイカー有りの生活を続けていましたので、いまだにふと欲しくなる瞬間も少なくないのは正直なところ。でも、東京都内で通勤などのアクセスを優先すると‥‥気が向いた時だけレンタカーをという生活の方が遥かに経済的で現実的ではありますね。数カ月ぶりに車に乗れるとなると、日頃の反動もあり、ついついグレードの高い車を借りたい衝動に駆られますが(笑)。日本、特に東京での生活はニュージャージー州の頃と比べればとにかく便利だと感じます。ニュースを見ていても、ここ数年は海外でも物騒な事件が増えていたりします(ニュージャージー州ということではないですが)。一般論としては、安全・清潔・便利ということではやはり東京はかなり高いレベルではあるのですが‥‥いまだにアメリカ時代が懐かしいと思える瞬間が多いのは、あの気候的な快適さや、空間的・時間的な余裕感の違いと言いますか、そういったことかなと思えてならないですね。あまり過去を振り返り過ぎるのは良くないですが、またアメリカで気軽にボリュームのあるデリバリーピザが食べられる生活ができれば‥‥などということも妄想しながら、日々元気に暮らしていきたいなんて思ったりしています。久々に記事を書かせて頂くと、何ともまとまりのない話になってしまいましたが(笑)、また思いついた時には更新していきたいと思っています。(余談ですが‥‥)先日、ふと日本橋周辺に立ち寄ったところ、山王祭が行われていました。こんな都心部でありながら、神輿を担いだ方たちの行列を見て、実に日本的な風情を感じた瞬間でした~。ちょうど日本橋高島屋に立ち寄った際のことで、その入り口の前に神輿が入っていく姿は実に面白く、思わず動画を撮ってしまいましたが、あまり良く撮れていなかったので、写真のみ1枚UPします(こちらもややピンボケ気味ですが。笑)。また、少し前ですが東銀座寄りに非常に雰囲気の良い喫茶店を見付けました。と言いますか、かつてジョン・レノンとオノ・ヨーコさんが立ち寄ったことで有名な「樹の花」というお店で、私が知らなかっただけのようですが(笑)。。決して広くはないお店ですが、お店の方の対応や雰囲気も素晴らしく、何気に立ち寄ってみたくなる空間でした。 cafe-kinohana.net/index.html↓↓よろしければ、1日1回ポチッと応援頂けると嬉しいです(別窓で開きます)。 ※「Ctrl」を押しながらで す と、 画 面 が 新 規 タ ブ・窓に飛ばずにポチして頂けます。 にほんブログ村Blog人気記事大集合♪
全文を読む  
  旅行・観光 2016年6月4日  
  ニューヨーク一人旅 DREAMING NY
  Creator: 柚子
また更新まで間が開いてしまってすみません! 間に仕事で海外(残念ながらNYではない)に行っていたりしてバタバタしています。これは更新し次第消しますね。少々お待ちくださいませ。
全文を読む  
  旅行・観光 2016年4月6日  
  【Brooklyn】Clinton Hillでの生活
  Creator: 
みなさん、こんにちは。Akiraです!なんだかわたくし、今年に入ってお花が好きで。うふきっかけは多分、去年美輪明宏さんに興味をもってからなんですが。去年は美輪さんの著書を読んだりラジオを聴きあさったり、と。。思い返せば 生まれて早30年。趣味もいろいろ変わってきました。人生どの瞬間にも、人って常に変化していきますよねー。来年は何してんのか、明日ですら何に興味を持ち始めるのかわからんもんです。さて、そんな私が、最近家の近所に素敵なお花やさんを発見しましてー今日はClinton Hillの私の家から歩いて5分、お隣Fort Greeneにある小さなお花屋さんをご紹介STEM112 S Oxford St, Brooklyn, NY 11217718-722-4767グーグルマップ https://www.google.co.jp/maps/@40.6866309,-73.9744781,17.34zyelp http://www.yelp.com/biz/stem-brooklynFultonストリート沿いのY字路が目印。CラインのLafayette Avステーションの乗り場近くです。お花やさんに入ってまず目に飛び込んでくるのが、美しくセンスのいいお花たち。オーナーさんが厳選したお花が出迎えてくれますランダムに大量に仕入れている他のお花やさんと違って、その数種類のお花にオーナーのセンスの良さを感じずにはいられない店内。。。梅のようなお花がついたものも。この日の店内は、、ヒヤシンスやチューリップなど、春の主役たちが勢ぞろい。店内には、STEMの空間を演出する家具や花瓶、キャンドル、カラフルでとってもかわいい水差し、きのこっぽい手作りのオーナメントなど、いろんな物があって楽しいおしゃれな店内なのですが、とってもこじんまりしていて隠れ家のような雰囲気。店員さんも気さくで優しくて、気軽に談笑して楽しむ人や子供など、いつ行ってもみんな居心地が良さそうですこの日はバラを一輪購入。キッチンで花瓶に挿していますが、いやされますーラッピングもとてもかわいい。。細かなところへも、オーナーさんのセンスを感じますAkira
全文を読む  
  旅行・観光 2016年2月6日  
  MIW@KICHI × ニューヨーク
  Creator: tocotoconyc
雪が降ったら絶対に美しいに違いない、と狙っていたクロイスターズ美術館。 ニューヨークにいながら、ヨーロッパの修道院に迷い込んでしまったかのような、 神秘的な雰囲気を味わえるお気に入りの場所です。 さて、その雪景色を一度は味わいたいと思いながらも、 マンハッタンの北端にあるので、雪が降りすぎると メトロやバスが機能停止してしまう場所。 多すぎず少なすぎず程よく降ってくれる必要があります(笑) 先月の大雪はその点で適当ではなかったので行くのを見送りましたが、 とうとうそのチャンスが。 最寄駅の190 Street駅に到着すると、一面真っ白。 ハドソン・リバー沿いのフォート・トライオン公園Fort Tryon Parkを 歩いてクロイスターズへ。 フォート・トライオン公園は春から夏にかけて、色とりどりの花が咲き、 散策にぴったりの場所ですが、雪景色はまた圧巻。 静かでモノクロ一色の中、雪でも元気な小鳥たちのさえずりが聞こえてきます。 木々も墨絵のよう。 真っ白な雪道を歩いていると、クロイスターズ美術館が見えてきました。 雪化粧のその佇まいはなんとも神秘的。 入り口へ。 メトロポリタン美術館の分館、クロイスターズ美術館 The Cloistersは、 中世の回廊と修道院とを組み合わせて作られました。 ”Cloisters”は「回廊」や「修道院」という意味。 ロマネスク様式からゴシック様式のコレクションを中心としています。 現代から遠く離れた中世へタイムスリップしてしまうよう。 私が勝手に「ロミオとジュリエットの部屋」と呼んでいる場所。 ジュリエットが仮死状態になる薬を服用し横たわり… そしてロミオと共に自らの命を絶つお墓の雰囲気に似ていませんか? 夏は自由に出入りできるキュクサの回廊につながる中庭は、 冬はこの通り、透明ガラスに覆われて入れませんが、 そのおかげで暖房が効いて暖かいです。 可愛らしい水仙やベリー系の植物の鉢植えが並べられていて和みます。 雪の日は訪れる人も少なく静かです。 帰りは晴れてハドソン川の対岸の見事な雪景色が。 このクロイスターズ美術館は、ロックフェラーセンターで有名な ジョン・ロックフェラー2世が建て、寄付したそうですが、 彼はテラスからの素晴らしい眺めが妨げられることがないよう、 対岸のニュージャージー州のパリセイド岸壁までも買取ったそうです。 そのおかげでこんなに美しいリバービューが楽しめるのですね。 ぜひ雪が降ったら訪れてみてください。 -最寄駅- メトロA番線 190 Street The Cloisters 99 Margaret Corbin Dr, New York, NY 10040 Map Fort Tryon Park Map 兄弟ブログ「MUCHOJI 音楽の遊び方」にもよろしければお立ち寄りください。 ランキング参加中です↓ にほんブログ村
全文を読む  

 1~20件  / 62件 >>

PAGE TOP