みんなで作るNYブログ集


  • ・このページはニューヨークで暮らす人、ニューヨークが大好きな人のブログ集です。
  • ・更新順で最新ブログが表示されています。
  • ・カテゴリー順でカテゴリーごとの最新ブログが表示されます。
  • ・カテゴリーを選ぶとそのカテゴリーのブログ一覧が表示されます。

  おしえて 2017年1月22日  
  山村美智 Official Blog
  Creator: michi
    情報公開です! 出演している映画「ヴァンパイア ナイト」 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて 上映されます   撮影は、昨年の9月 いや〜 大変な撮影でした! 山奥の旧宿泊センターでのロケ 寝る間も、ほとんどない撮影なのに 真夜中にブレーカーが飛んだり 突然、大雨になったり 急に非常ベルが、何度も鳴り響いて セコムの方を呼んだり 色々ハプニングいっぱい満載! でも スタッフもキャストも寝不足でフラフラなのに なんだか、明るく、楽しい現場でした   お話は 吸血鬼の巣窟であるホテルに 集まってしまったイケメンと美女と変わり者達が ヴァンパイヤと繰り広げるバトル アメリカンホラー文化と ジャパニーズホラー文化の交差点とも言える作品   私の役柄は息子とともに訪れる認知症の母親 しかし、実は、この母親は・・・ ダメダメダメ 言えない! 私の役柄を説明すると、ネタバレになる〜 言いたい でも 言えな〜〜〜い!   でも、はっきりと言える かなり、この映画、おもしろい! (まだ、観てないけど)   私の息子役は auのCM、一寸法師でおなじみの、前野朋哉さん 主役は柳ゆり菜さん、上野優華さん BOYS AND MENの勇翔さん みんな、若い スタッフも監督の山嵜晋平さん始め、皆、若い でも、だいじょぶ! 私も、若い!・・・はず・・・うん   一般公開は、5月 近くなったら、秘蔵の写真も含め、お知らせしますね まずはともあれ 公式HPを、じっくりとお読みください! お楽しみに!   息子役の前野朋哉さんと、車椅子に乗ったお母さんの私   雲の動きを待っている山嵜監督(真ん中黒Tシャツ)とスタッフ達   前列左から、柳ゆり菜さん、メイクの平岡さん、上野優華さん 後列左から 、勇翔さん、山村、前野俊哉さん みんなで、ヴァンパイヤになったつもり!・・・らしい
全文を読む  
  おしえて 2017年1月21日  
  ニューヨークからのエアメール        ~ever since~
  Creator: 
1月15日に廊下で転んで柱に思い切り頭をぶつけて大きなたんコブが出来たことを書いたけど、あれはもうよくなりました。というか、まだコブは少し残っていますが。。。もう痛くはありません。でも、翌朝は、目が覚めたことを本当に感謝しました。頭を打つって怖いからね。後からなんか来るんじゃないかってマジで恐れていました。それほど強く打ちつけ、それほど大きくコブができていましたから。 数日間、触ると痛くて、周囲の髪の毛すらとかすことも触ることもできず、もちろん、洗髪なんてとんでもなく。。。3日間、頭洗えませんでした。。。気持ち悪かったけど、仕方なかったです。幸い冬だったのと、若い頃ほど頭皮に脂は出ないんで臭いも気になりませんでした。マジで頭が変形してるんじゃないかというくらいのデカコブでした。いや、実際、変形してましたね。患部を触らなくても、首を揺らすだけでしばらく痛かったです。でも、吐き気も内部からの頭痛もなかったので、病院にはいきませんでした。行ってもしかたないですよね。シップするわけにもいかないし、切って内出血を出すわけにもいかないんだから。しかし。。。よく頭を強打したってニュースでよく聞くけど。。。事故で頭をぶつけるのは、どうしようもないけど、絶対に人の頭を叩くのは止めましょう!頭を殴打するなんてとんでもないです!1週間経ちましたが、まだコブは少し残っています。でも、もう痛くないので大丈夫です。こけないように気をつけなければ。。。昨年はよくこけました。玄関で足滑らせてすっころんだり、椅子に座ってて椅子ごと倒れたり、ベッドから落ちたり、なんか続いてます。その中で今回のが一番重症(?)でした。といっても、これくらいですんでるからまだいいけど。。。笑いごとじゃないよね。小さい時によく転んでたけど、なんかそれに近いものがある。人間は年取ると、だんだん赤ちゃんに戻るっていうけど、その現象なのかな?まだ、そんな歳じゃないと思っているだけで、人それぞれ寿命は違うし、私の定められた寿命が近づいているのなら、その速度も加速されてるのかな?なんて変なこと考えたりしてしまいます。そういえば、足の問題も抱えているし、案外、私、(寿命が)早いのかも。。なんて。。。デカコブでここまで連想しちゃうって、さすが物書き?!ってことにしておきましょう( ̄□ ̄;)!!
全文を読む  
  おしえて 2017年1月20日  
  海外で日本女子が成功する秘密   
  Creator: 
今日の朝宮崎を発ち、成田空港に到着しました。今回の3週間の旅は ロサンゼルス〜東京〜宮崎と忙しいスケジュールでしたが、新しい技術の習得や東京での店舗見学、そして宮崎でのビジネスランチや色々な方々との出会い。どれも新鮮で良い経験ができ、お手伝いしてくださいました方々本当にありがとうございます。今後もアメリカと日本をつなぐ架け橋になりながら、世界に最新美容を発信していきたいと思っています
全文を読む  
  おしえて 2017年1月17日  
  アメリカ暮らしのファイナンシャル・プラニング Smart&Responsible
  Creator: admin
リタイヤメント後のご自分を想像されたことがありますか?何歳でリタイヤされる予定ですか?どのくらいの生活費で、何歳まで生きることになるのでしょうか?今一生懸命リタイヤメント資金をつくるため積み立てしている方であっても、リタイヤメント後の具体的な生活が想像がついているという方は少ないでしょう。今回は、ご参考までに、ひとつのリサーチ結果をご紹介します。Transamerica Center for Retirement Studiesという非営利団体が、リタイヤメントについてのアメリカ人の姿勢を調べるために、定期的に全国的なリサーチをしています。今日は、もっとも最近のレポート結果(2015年12月)を、2回に分けてご紹介します。 Related posts: ソーシャル・セキュリティー - 配偶者として受けられるBenefitsを知る ソーシャル・セキュリティーの手はじめ(2) - Retirement Benefit ソーシャル・セキュリティー – なるべく多くもらうには… 安心老後への鍵は? - リタイヤメント資金が底をつかないように 50歳から考えるマネー・タイムライン ソーシャル・セキュリティーの手はじめ(1) - 何がいくら貰えるの? 楽しい老後?- リタイヤメント・コミュニティ リタイヤメント・プラン - 401(k)、403(b)、457を知る 長期介護保険を買うなら・・ 老後の生活 – 長期介護に備える
全文を読む  
  おしえて 2017年1月17日  
  ハーレム・ジャーナル
  Creator: 堂本かおる
「You are cool.」子どもたちから大統領への手紙〜ヒューマン・バラク・オバマ第12回 ■人間としてのバラク・オバマと、彼がアメリカに与えた影響を描...続きを読む >>
全文を読む  
  おしえて 2017年1月15日  
  サトリ・カレッジ・プランニングへようこそ!
  Creator: Ms. Satori
           毎年アーリーで出願した生徒の合否結果を見ると合格しやすいと実感します。ただ数校の超難関大学に関して言えば、アーリーでもかなり狭き門なのとあこがれだけで受ける人もいるので、そういう実感は持てません。難易度が非常に高い大学には世界各国から優秀な生徒が出願しますし、親の職業や地位を考慮にいれて選ばれることもあります。その大学に席を置くスタッフやレガシー(親がその大学の卒業生)、スポーツなどある分野に秀でた人なども入れると、単に優秀な生徒が受け入られる枠は思った以上に狭くなります。そのため成績やテストスコアを統計的に見て合格枠の上部に入っているくらいでないと、アーリーで出願するメリットを有効に使えるとは言えないでしょう。あこがれの大学にどうしてもアーリーで出願したいと思う人もいますが、よく考えてアーリーディジョン(Early Decision)やシングルチョイスアーリーアクション(Single Choice Early Action)の大学を決めて下さい。もう少しランクの下の大学だったら、アーリーでの出願が生かせるかもしれません。どの大学をアーリーで受けるか、その他相談のある方はホームページからお問い合わせ下さい。にほんブログ村「拍手」のクリックをよろしく! フェースブックの「いいね!」や「シェア」もお願いします。
全文を読む  
  おしえて 2017年1月15日  
  Shinkyokushinkai New York Sato Dojo
  Creator: satodojo
A
全文を読む  
  おしえて 2016年11月5日  
  いわをのニューヨークでSink or Swim!?
  Creator: 
TCS New York City Marathon EXPO会場にてひと足先にFINISHサインと。 今回はランナーとして&メディア取材チームとしても参加でエキサイティング度ウルトラマックス 日本航空の機内誌"SKYWARD"(2017年2月号)で取り上げます。 ついにやってくる。 TCS New York City Marathon、レース当日は明日11月6日(日)。 終わっちゃったよーと寂しい気持ちにさえなった昨年のレース翌日、 まだまだ先だと思っていた半年前、あと1ヶ月かーと、何とも言えないわくわくが始まった先月。 どのシーンも鮮明に思い出されるけれど、兎にも角にもあっという間に過ぎてきて、明日は2016年のNYCマラソンのレース当日だ。 先週、ブルックリンのバー&レストランで、これまでNYCマラソンに出たことがある&今回出るという人に4人もあった。 皆そこで初めて出会う人。 NYCマラソンという共通の話題で自然と話が弾む。 NYCマラソンの話題に限らず、こういうことはこの街では珍しくはない。 そこで私は、レース当日まであと1週間…気持ちだけが焦って困る! もう、何をしていいか分からない状態であることを告げた。 もちろんジョーク交じりだけど。 そしたらひとりは、 Training is working, The race is your reward. トレーニングはコツコツとやってきた仕事のようなもの、レース(NYCマラソン)はそのご褒美じゃない? 嬉しいご褒美、楽しまなくてどうするの!? って、肩を抱きながら言ってくれた・涙。 ある人は、 Just remember trust your training, remember about the miles you ran to bring you to the start line and just be happy! これまでのトレーニングを信じて。 だからこそこのスタートラインに立っているのだから!楽しんで!! って。 まだレースが始まる前から何度も泣けてきた。 知人や友人、クライアントにメールや電話でNYCマラソンを走ることを告げると、不思議なほどに皆、Congratulations!と、のたまう。 まだ走ってない、ゴールもしてないのにー! でも、NYCマラソンって、そういう存在なのだよなーというのも分かる。 街中ですれ違う人たちは、ランナーを見かければ明日頑張ってねーと声をかける。 NYCマラソンのエキスポには、ポジティブエナジーを放つランナーが集まる。 皆、このレースのためにそれぞれトレーニングしてきたんだろうなーというランナーたちの表情は生き生きしており、 世界の色んなところから集まってきているランナーを見ると、 世界最大のマラソンレースであることを実感せずにはいられない。 NYCマラソンのエキスポに毎年ブースを出すレゲエ・マラソン。 レゲエ・マラソン本部のスポンサーシップディレクター・Dianeとジャマイカ政府観光局のKenton 私のランの原点であり、親善大使を務めるジャマイカ、レゲエ・マラソンのブースには今年も色んな仲間がやってきた。 ジャマイカのレゲエ・マラソンで出会った仲間がこうして明日のレースも走ると思うと、とても心強い。 NYRR(New York Road Runners)&NIKEのコーチ、Angela 明日のNYCマラソンは自転車でランナーを誘導 LarryとKarenは2人ともNYCマラソンを走る Reggae Runnerzのリーダー・Lisaも明日はNYCマラソンランナー 明日のレースは、スタートのグループが4つに分かれており、それぞれ時間も違ううえ、 とにかく人が多いため、約束していてもスタート地点で会えるかは定かではない。 皆と口々にしたのは、「明日スタート地点で会えなかったら…、来月ジャマイカ、ネグリルで!」。 皆ニューヨークをベースにするランナーであり、ジャマイカのレゲエ・マラソンを愛して止まないレゲエ・ランナーでもあるのです! と、レゲエ・マラソンの話はまた後日として、明日のニューヨークシティ・マラソン。 ドキドキとわくわくと、もう明日、というかあと何時間後!? なのに、逃げ出したくなるような気持ちがすべてごちゃまぜになっている状態。 珍しく準備も終わったので、もう寝てもいいのに(というか寝ればいいのに)それも落ち着かなくて 結局いつもと一緒。 楽しんで、無事にゴールできますように。 では、行ってまいります! ニューヨークシティ・マラソンの公式アプリがあります。 携帯電話にインストールすれば、ランナーのことをトラッキングできます(ランナーの名前もしくはゼッケン番号で検索可)。 TCS New York City Marathon App
全文を読む  
  おしえて 2016年9月14日  
  小林恵のNY通信
  Creator: gookeikobayashiny-2005
日の丸の旗 「白地に赤く日の丸染めてああ美しい!日本の旗は!」 シンプルなデザイン、白と赤の対比の美しさは格別。オリンピックでほかの国と比較しても日本の旗は美しい。 しかしこれは公平な意見ではなく、それぞれの人が自分の国に込める愛国心が加わる。デ...
全文を読む  
  おしえて 2015年11月28日  
  細腕 マンハッタン不動産ブローカー奮闘記
  Creator: 
不動産向け融資、バブル期並み=金融庁、地銀の監視強化 時事通信 11月28日(土)14時20分配信    金融機関の不動産業向け融資が高水準で推移している。国内銀行の2014年度の新規貸し出しは10兆円を上回り、バブル絶頂期の1989年度やミニバブルと言われた07年度の水準にほぼ並んだ。金融庁は、融資の焦げ付きなどで各地の地方銀行や信用金庫の経営に影響を与える恐れがないか、監視を強めている。  日銀の統計によると、14年度の不動産業向けの設備資金の新規貸し出しは、銀行が10兆1549億円と7年ぶりに10兆円を超え、信用金庫も2兆1002億円と初めて2兆円を突破した。大手行では、都心の物件に投資する大手の再開発業者や不動産投資信託(REIT)向け融資がけん引。これに対し、地銀や信金は個人の資産管理会社など中小向け融資の伸びが高いのが特徴だ。  地銀・信金の不動産業向け融資の増加の背景には、今年から相続税が増税された影響もある。借入金で不動産を購入すれば資産家は相続税を抑えられるため、地方の県庁所在市を中心に「相続税対策で賃貸用のアパートやマンションを建設するニーズが増えている」(有力地銀)という。日銀の大規模金融緩和で超低金利が続く中、利ざやを稼げる有望な貸出先が少ないことも、地銀を不動産向け融資に走らせる要因になっている。 
全文を読む  
  おしえて 2014年12月7日  
  NYへっぽこKarate先生blog
  Creator: blogtakaodojo
 JUGEMテーマ:空手Kids久しぶりの投稿はシモン!シモンといえば飛び蹴り・・・・何故当たらないのでしょうかAdult久しぶりに現れたウィルいきなりブラック着の体験メンバーとガチ熱い気持ち健在先月日本から出稽古で来てくれた上野くんと一週間の稽古純粋に空手に向き合う姿勢忘れてはいけません逆に教えられた感じです・・・ボコボコになりながら頑張りましたクリックお願いしますNYへっぽこ空手先生topへ道場ホームページ
全文を読む  
  おしえて 2014年2月23日  
  稀にためになる言葉のヒント
  Creator: 
「NYママの会」2月セミナーに、スピーカーとしておよび頂いてます。明日です。http://nymoms.exblog.jp/20371215/ーーーーーーーーー以下、転載ーーーーーーーーー2月24日月曜日のNYママの会のお知らせです。今月は、現役のライター/エディターであり、かつ「よみかきハウス」で日本語の読み書きを教えている田中遊子先生をお呼びして、「経験則で見るバイリンガル教育」についてお話してもらいます。日本語教育の理想と葛藤、現地校とのバランスなど、みなさんが悩む点ほか、日本語と英語の違い(文化、言語構成など)や、より長く続けるためのヒントなどについても、お話してもらいます。日時  2月24日 月曜日 10時半~11時半場所: St. Marks教会     131 E. 10th St.(最寄り駅は、6のAstor Place駅あるいはRの8th St.駅です)参加費:5ドル(教会への寄付となります)申し込み先:nymamama@hotmail.com 当日、悪天候などにより会が中止になることもあります。その際には、メールで連絡しますので、お出かけの前にはかならずメール、またはウェブサイト(http:/ /nymoms.exblog.jp/)をご確認ください。お友達も誘ってふるってご参加ください。
全文を読む  
  おしえて 2013年9月25日  
  ニューヨークで演劇しよう
  Creator: 竹松雄二
A comedy in Japanese with English subtitles in 70 minutesA theater in a theater, this is a backstage comedy.
全文を読む  
  おしえて 2013年6月29日  
  うにのニューヨーク漂流記
  Creator: 
サッカー先進国アルゼンチン ということで土日は サッカーを楽しむという フェルナンドたちに 一戦企画してもらい夫も参戦!”飛び込み”ができるのが サッカーのいいところですねぇアルゼンチン代表ユニの夫・・・フェルナンドコトバの壁を越えて 真剣にボールを奪い合う オジサマ 男たちかっこいい!よう な おもしろいような 写真の腕がイマイチなので 走ってない写真ですがサッカー ちゃんとしてましたよさて、私とピラーは 男性たちの試合も見ずにグラウンド附設のカフェで お茶この日は 小雨で寒かったんですピラー
全文を読む  
  おしえて 2012年5月24日  
  IT活用とパソコン解決策ご提案 in USA
  Creator: ビーバー先生 <noreply@blogger.com>
パソコンで、WindowsOSが壊れた場合には、リカバリといって、初期化が必要です。リカバリをすれば、OSの問題はなんでも直るので、リカバリできるかどうかというのは重要な点です。リカバリは、リカバリCDか、ハードディスクの中のリカバリデータから行うのですが、そのどちらもアクセス不能な場合は、メーカーからリカバリCDを取り寄せないとリカバリはできなくなります。ほとんどのメーカーがリカバリCDの再発行は有料でした。($35~50程度)DELL(USA)の場合、昔は問い合わせると「一度、リカバリCDを無くすと再発行できない。」と言われました。しかし、最近再度問い合わせると、オンラインの問い合わせ窓口を案内され、その内容にしたがって、登録するとなんと無料で、リカバリCDが送られてきました。何度か、このサービスを利用して、リカバリCDを取り寄せているので、本当に無料です。ただ、いつまでこのサービスを続けるのかは不明なので、DELLを持ってられる方でリカバリCDが無い方は、今のうちにリカバリCDを取り寄せておくことをおすすめします。DELL(USA)のリカバリCD問い合わせ窓口http://support.dell.com/support/topics/global.aspx/support/dellcare/en/backupcd_form?c=us&cs=19&l=en&s=dhs
全文を読む  
  おしえて 2012年4月9日  
  ニューヨーク発 アメリカ最新医療情報
  Creator: Michie Yamakawa
髄膜腫(良性の脳腫瘍)患者1433人のデータを元に、エール大学医学部が行った研究によれば、歯のレントゲンを頻繁にとると、髄膜腫にかかるリスクが高まる。口の外側からレントゲンをかけて上下の歯をすべて撮影する検査を毎年受ける人は、そうしない人に比べて、髄膜腫にかかる確率が2.7倍高くなる。レントゲン・フィルムを咬んで歯を撮影する検査を毎年受ける人は、そうでない人に比べて1.9倍高くなる。歯のレントゲン検査についての米国歯科医師会のガイドラインは、子どもなら1~2年に1度、ティーンエージャーなら1年半から3年に1度、成人で2~3年に1度。症状がない限り、歯全体のレントゲンをとる必要はないとしている。しかし、歯科医によっては、定期健診とクリーニングだけに訪れた患者にレントゲン検査を勧める場合も多々あるので、患者が慎重になって、検査を断る必要がある。
全文を読む  
  おしえて 2011年4月19日  
  お金Nuts
  Creator: kabunuts
この『お金Nuts』ですが、別のアドレスに引っ越すことにしました。というか、Nuts系はひとつにまとめようと思いまして。 『NY Nuts』 http://ameblo.jp/nynuts 今後は上記のサイトで更新していく予定です。 ではでは。
全文を読む  
  おしえて 2010年12月5日  
  NY発 映画で英語 Movie Quotes
  Creator: M. Yamakawa
A day doesn’t go by where I don’t create something.何かをクリエイトしないままに時間が過ぎるって日はないの。11月18日、近所の書店でジム・キャロルの遺作小説(“The Petting Zoo”)の出版を記念して、彼の友人のパティ・スミスが彼の思い出を語り、レニー・ケインをギタリストに迎え、何曲か歌った。イベントの1時間前に会場に行ったが、既に200席以上は埋まり、始まったときには、特別に設けられた後部席も含めて、500人以上の聴衆が集まった。トレード・マークの黒いジーンズに黒いジャケット。胸元までの長さの白髪交じりのロングヘアでノーメイク。1970年代にボーイッシュな体型だったパンクロック・シンガーも今や60代半ば。体型はさすがにふっくらとなったとはいえ、雰囲気はちっとも変わっていない。聴衆は20代、30代から、彼女と同世代の人まで幅広い年齢層。ジム・キャロルは、去年の9月11日、机に向かって仕事をしているときに心臓発作で他界したこと、彼は気分屋だったが、遺作となった小説に力を注いでいたことなどを語った。ところで、パティ・スミスが写真家のロバート・メイプルソープとの交遊を書いた回想記 “Just Kids”は13日、権威ある米国図書協会賞を受賞したばかり。その本にサインを求める人も多かった。“Just Kids”は若く貧しいふたりのボヘミアン・アーティストがお互いに刺激・支援しながら、アートの追求をしていく話で、とてもロマンティックでノスタルジック。ポエティックな青春物語といってもよく、映画化されてもおかしくはない。パティ・スミス自身のことばによれば、この本は日本語に翻訳されて出版される予定とか。冒頭に紹介した台詞は、”Just for Kids’の出版にあたってのインタビューで、スミスが語ったことば。ランボーに憧れた彼女は、詩作や作曲だけでなく、写真も撮るそうだが、アナーキーな外見とは対照的に創作について勤勉なアーティストである。http://nymag.com/arts/music/profiles/63035/
全文を読む  
  おしえて 2006年12月14日  
  ニューヨーク発・24歳のビジネス起業 in NY
  Creator: aaandy0221
長年当ブログをご愛顧頂きありがとうございました。 ニューヨーク留学放浪記第2章~続きは2章にて~ 当ブログは2005年5月より2006年12月まで、約1年半、月12本程の起業体験コラムを書いてまいりました。そして、今月をもって当サイトを閉鎖することを決めました。ANDYにとっての閉鎖とは何か?それは新しい挑戦への始まりに他ありません。 当ブログは、起業家としての始まり、学生業(大学院)と兼業しながら、経営者としての苦悩、失敗談、努力譚を紹介してきました。思えば、2005年1月、今から2年前にニューヨークでアパートホテル企画構想が始まり、20枚の自作企画書は、何度も書き直されながら一つの形になりました。パートナーと出会い、叱咤激励を受けながらも縁は縁を結び、会社設立を果たしたのが05年6月。 「夢と希望を与えられるようなホテル」という「M New York」のコンセプトは、今月12月にオープンした「M New York3号店」とそのスタッフに受け継がれました。 2年という月日の中で会社は人間と同じく成長し、ホテルとしてのサービス、機能性、安全性は驚くべき進化を遂げました。これは私自身もびっくりです!赤ちゃんのように何も動かなかったホテルが、2本足で歩けるようになり、頭もどんどんよくなっていくんです。すごいでしょ?このブログを読んでくださった方に、一人でも多くの方に来てほしいと思います。大きなホテルにはない、NYらしさ、安心感を感じるというお客さんもいますが、他の滞在先とは比較にならない「一度宿泊したらもう一度来たいと思えるホテル」、まさにスタッフが目指しているものだと言っています。 私自身は、07年5月に大学院を卒業する予定です。100の仕事をした後は、1000の仕事がしたくなる?ある意味YESです。しかし、100の仕事をしている中で得たもの、NYで活躍する経営者仲間、マスコミ関係(兵藤ゆきさんとも会えました)、そして人間としての成長。次のスタートは1からではなく、間違いなく300ぐらいからスタートです。今後、NYで学生会を立ち上げる関係上、私はもうひと働きします。パーティーを主催したり、友人のパーティーに参加したりして、ネットワークを繋げることも、次のステップにすべて必要なことです。 「起業」は降ってくるものではなく1から少しずつ積み上げていくもの、若者が抱く起業への幻想と現実は、この2年間のブログに私なりに収めてきたつもりです。あなたにとっての起業に少しでも参考になれば幸いです。 このブログに関するご意見、ご感想などもまたお聞かせください。
全文を読む  
  おしえて 2006年10月13日  
  N・Y・和・琉
  Creator: 
ただいま、おきなわで 奮闘しています、、、、、 おきなわでは世界の沖縄人が集まり世界の和(輪)をひろげ、 交流,しんぼくを深めています、、、、、 そろそろ、、、、 沖縄情報、を中心に世界に、、、はっしんします(おおげさ〜〜〜〜9) でわでわみなさん またまた,,,
全文を読む  

 1~20件  / 20件 

おしえて
347-482-1541

 困っていませんか?

「 失業中の為所得がなく生活ができない」「健康保険の加入方法がわからない」「高額の医療費を請求されたが払えない」「アパートのデポジットを大家に返してもらえない」「ハラスメントに困っている」等、生活に関する様々なご相談を電話やEメールで受け付けています。年齢は問いません。


347-482-1541、またはinfo@jassi.org までお気軽にご連絡ください。バイリンガルの福祉専門スタッフが秘密厳守のもと問題解決のお手伝いをします。

サービスは全て無料です。

PAGE TOP