みんなで作るNYブログ集


  • ・このページはニューヨークで暮らす人、ニューヨークが大好きな人のブログ集です。
  • ・更新順で最新ブログが表示されています。
  • ・カテゴリー順でカテゴリーごとの最新ブログが表示されます。
  • ・カテゴリーを選ぶとそのカテゴリーのブログ一覧が表示されます。

  出産・育児 2017年3月24日  
  ニューヨーク☆ニューヨーク -子どもと楽しむNYC-
  Creator: Tiare
一ヶ月に一度開催されている、芸術系のワークショップに参加しました♪前回のテーマは演劇でしたが、今回は音楽☆しかもちびらが先日観たばかりのミュージカル「School of Ro
全文を読む  
  お部屋探し 2017年3月24日  
  JCSAのニューヨーク通信☆ニューヨーカーとシェアしよう!☆
  Creator: 
☆ブルックリン☆フラットブッシュ☆家具付個室☆$800(光熱費込)(物件番号:15890)ビル内にエレベーターとランドリー付き☆【入居日】4月7日から入居可能! 【交通】最寄駅の地下鉄B/QラインのChurch Ave駅より徒歩4分程!【家賃】お家賃は$800/月。光熱費とネット代はお家賃込み。デポジットはお家賃の一か月分です。 【部屋】3ベッドアパート内の家具付き個室。お部屋は家具付きですので、すぐに生活を始められます☆【募集】女性とのシェアで、女性の方を募集しています。☆詳しくはこちらから☆ twitter始めました!  JCSA INC.31 West 34th Street, Suite 7077 (7FL)(Between 5th & 6th Ave)New York, N.Y. 10001Tel:1-212-989-1234 or 646-757-4820日本からのお問い合わせは (050) 5539-2152まで!!E-mail:jcsainc@gmail.comJCSA Website: http://jcsa.comFacebook: http://www.facebook.com/JCSAincTwitter: https://twitter.com/jcsanewyorkPinterest: http://www.pinterest.com/jcsainc/
全文を読む  
  出産・育児 2017年3月24日  
  ニューヨークで働く&子育て
  Creator: nyckosodate2014
CMA(Children's Museum of the Arts)でペルシャの新年のお祝い「NOWRUZ」のイベントがあったので行ってきました。 まずは、「CLAY BAR」で粘土の制作を体験させていただきました。「CLAY BAR」のつくりはとてもユニークで、バーカウンターのようになっていてとってもクール。インストラクターの方はカウンターの中で子どもたちをサポ...
全文を読む  
  その他 2017年3月24日  
  自由の女神になりたくて。(New York 理想と現実ライフ)
  Creator: 
あぁ、アタシ、ニューヨークに随分長く住んでるんだなって・・・。 昔々、まだ こりんごちゃんが観光客だったころ。 ニューヨークガイドブックには、 夜の10時以降は、ひとりで出歩かない、地下鉄も乗らないこと。 という注意事項がよく書かれていた。 そう、まさに、こんなストリートは、絶対に避けるべし! ちょっと待てぇ〜いっ! こんなストリートって言うな~っ! これ、アタシのストリートだからっ、 ウチのご近所で、ここ通ってバンドのスタジオ行くんだよ~ 治安悪そうでゴメンね~。 これで
全文を読む  
  美容・健康 2017年3月24日  
  NYの小さな灯り ~ヘアメイク日記~
  Creator: fiammany
今日は主の友人カップルがうちへ遊びに来ました。 どうやら主がお二人にさんざん「日本の家庭料理をふるまうよ!」と言ってしまったらしいので、和食メインで色々作らなくてはならなくなってしまいました。。。 でもおもてなし料理って大抵洋風じゃないですか? 何を作るか結構迷いましたが・・・、 結局 酢の物 きゅうりとわかめの酢の物 和え物 いんげんの胡麻和え ...
全文を読む  
  その他 2017年3月24日  
  さくら日記☆
  Creator: maisakura
わんちゃんホンポでの私の新しい記事が公開されました。良かったら読んでやってくださいさくらまい@kptgg178半身不随の子犬が助けを求めて懸命に湿地帯を這い続けて辿り着いた奇跡|わんちゃんホンポ [おすすめレポート] https://t.co/R9nYEC1Y7h #わんちゃんホンポ2017/03/24 12:47:09
全文を読む  
  その他 2017年3月23日  
  どうなのニューヨーク
  Creator: 
ニューヨークって、本場アメリカの料理よりも他国の料理の方が美味しいのではないか? という謎の仮説をもとに、今回はドイツ料理屋さんへ行ってみました。 Reichenbach Hall5 West, 37th Street (bet. Av of the Americas & 5th Av)  ドイツに行ったことはありませんが、ドイツの居酒屋ってこんな感じなのかしら。アメリカとはまた違った雰囲気ですね。  ウェイトレスさんの制服がカワイイ 画像はこちらからお借りしました メニューはドイツ語で書かれてます。下に英語の説明もあり。  ビール、さすがの巨大サイズですね。画像はこちらからお借りしました  シュニッツェルという料理と、ソーセージを頼んでみました。 シュニッツェルとは、カツレツのようです。これまた巨大サイズ。美味しい! ソーセージも、まいう~!! ザワークラウト初めて食べました。なますみたいな感じ。 隣の黒い物体もキャベツだけど、ほんのり甘い。 検証の結果、我々の仮説が立証されました(笑)ドイツ料理って美味しいね~   数名のウェイトレスさん達がサーブする中、マネージャーさんらしき男性が一人いました。 身長190cmぐらいあるんじゃないかという長身で、おまけに、いかにもドイツ!!なゲルマン顔  かっこいいねー。  個人的に、ドイツやドイツ人の雰囲気は割と好きです。 ボーカルの先生もドイツ出身の美人さん。 ドイツは街もキレイらしい。 そして親日らしい。 旦那がドイツのある会社と仕事をした時、「日本とドイツは昔同盟を組んでいた仲だからな! あの時のように、一緒にやっていこう!!」 と、何かと親切にしてくれたそうです。  もしまた海外転勤があったら、ドイツに住んでみたいですな  にほんブログ村 人気ブログランキングへ  
全文を読む  
  生活情報 2017年3月23日  
  ニューヨーク最新情報。雄叫びー涙と怒りーの実況生中継でお伝えします!!!
  Creator: tangoprince
今日のNYは気温が午前中マイナスで推移。暦の上では春だが、4年ごとの春の風物詩、WBCが終わっても春は遠く、春一番の風が吹き荒れて寒かった。 こんな春らしいファッションの女性がいるが、常人には無理だ。見栄えのためには風邪ひきも辞さないーというツワモノの女性がNYには多い。寒さとの激闘。そのターミネーターばりの気合いを讃えたい。 一方で春らしい服装にしたけど、若干寒そうにしている麗しの女性たちもいる。でもこういう女性の方が、逆に親近感を感じ、より人間らしく美しく見えてしまう。 そうNYの冬は、去り際でも、ファッションにこだわりたい女性たちの心を折るほどに厳しい。 NYではこれが正しい服装だ。冬の終わりでも地獄を感じるほど冷え切ってしまうのだ。春一番が吹いていれば尚更。耳が風で切れて落ちそうになる。 日差しの強さに騙されて春ファッションを追求すると、1日の終わりには熊が冬眠に落ちるようにぐったりと寝込んでしまうか、冷凍マグロがゴロンと地面に横たわったように病気になる。数日は立ち上がれない。 そこで考え出されたのが、潜在意識に訴えて自分を内から変える方法だ。春ではないのに、春だ!!!と言い切ることによって、そう感じられるよう精神鍛錬するのだ。 日本では『心頭滅却すれば火もまた涼しー』ということわざがあったが全くの逆バージョン。 だた、これは相当の気合いと根性が必要になる。事実春一番が吹き荒れたマンハッタンの摩天楼は夜、氷の塔が夜空を突き刺すように屹立して見えた。 見た目の美しさを取り、地獄の寒さを耐え忍ぶかー。はたまた、モコモコになっても体に優しい暖かさを求めるかー。NYの春の始まりは、女性に究極の選択を否応なしに迫るのであった。 以上、NYから実況生中継でお伝えしました。
全文を読む  
  おしえて 2017年3月23日  
  NYで美容サロンを立ち上げてみた  
  Creator: 
フィラデルフィアの出店準備しています(^^)いや、しかしこの街は 日本人めちゃ少ない、てか居ないw正直今まで住んだ都市には日本人コミュニティがあったから集客はかなり楽だった。求人もね。だって、日本人は日本人のお店に行くからwこれは世界共通ね。今回の都市にはそれがないそれもまた面白い試練。アメリカ人をトレーニングして、集客のシステムを作っていく。果たして、アメリカ人の子達が外人の私にどこまで付いて来てくれるか(^^)楽しみ
全文を読む  
  生活情報 2017年3月23日  
  ニューヨーク・アンダーワールド
  Creator: 
F Mラインの14 street駅と、1 2 3ラインの14 street駅は地下で繋がっておりますが、その通路の様子です。Avenueを1つ歩くのと同じくらいの距離があります。 そこでよく見かけるこのミュージシャン。正直うまくないのですが、かなり幸せそうに歌っているのでいい感じです。疲れて歩いているときには少し癒されるかも。。。   #newyorker #newyork #newyorknewyork #newyorkphoto #newyorkstreet #newyork_instagram #urbanpic #newyorkcity #newyorkcitystreets #nyphotography #nystreet #streets #nylife #nyc #streetperfomer #downtown #nyphoto #nylove #streetmusician #subway #nysubway #streetphotography #ニューヨーク #マンハッタン #ストリート #海外 #旅行 #アメリカA post shared by New York Underworld (@newyork_underworld) on Mar 23, 2017 at 6:41pm PDT
全文を読む  
  食 2017年3月23日  
  The Sweetest Days in NY
  Creator: 
お友達にティライスとロールケーキのオーダーをいただきました!本当はモンブランだったんだけど、買いに行ったらもう栗を売ってなかったのでこの二つに変更。2週間前までは売ってたのにね。 ティラミスは10インチと大きいです。  私の作るティラミスは製菓学校で習ったレシピなんだけど、製菓学校でティラミスを作った時に、パートナーの子がティラミスが嫌いだとかお酒が入っているからだとかで(彼女は妊婦さんだった)彼女の分も私にくれたんだけど、食べきれないので、友達何人かにメールしてもらってくれる人を募集したんです。その時もらってくれたのがこのお友達。その時に「東京で好きだったケーキ屋のティラミスそっくり」とすごく喜んでくれたのを覚えてます。 ロールケーキはサイドをカットしないでというリクエスト。  彼女はいつもサイド付きでというリクエストです。 すごく喜んでくれたみたいでよかったです。頼んでくれてありがとう!  オーダーメイドのケーキショップのウェブサイトはこちらです★ お問い合わせはapricotpeachcake@gmail.comまでどうぞ。 インスタもやってます!★ 旧ブログでもたくさんのケーキを紹介してますよ。★   
全文を読む  
  おしえて 2017年3月23日  
  ニューヨークからのエアメール        ~ever since~
  Creator: 
私はかつて日本でイギリス人ボスの秘書として働いていたことがあります。その時、そのボスの姪っ子のクレアがイギリスから遊びに来てて、数日間、寮で一緒に暮らしていて、とても仲良くなりました。彼女は私がフロリダに留学した時も、わざわざイギリスから会いに来てくれました。更にその後、私がニューヨークに移動した時も、再びイギリスから会いに来てくれました。でも、それ以降。。。音信不通となっていました。私は日本にもどってきて、しばらくしてフェイスブックをやり始めて、ニューヨークで最初の頃に知り合ったアメリカ人の友人たち3人とコンタクトを再びとることができました。フロリダで知り合った日本人とアメリカ人の友人たちともフェイスブックで再びコンタクトをとることができました。そこで、クレアのこともずっと探し続けていました。でも、同姓同名の人がとてもたくさんいて、中々私が探しているクレアは見つかりませんでした。それが、先週、ふとしたことで彼女を見つけることができたのです。彼女は、2015年以来、フェイスブックを更新した記録がなかったのですが、メッセージを送っておきました。いつか見てくれるだろうと。。。すると、今朝、彼女からメッセージが届いていました。やはり、彼女でした!フェイスブックにのせていた彼女の顔は20年前の彼女の面影をとてもよく残していたので、彼女だという自信はあったのですが、それでも人違いかもしれないという不安もありましたが、『間違いなく私よ!』と連絡が入ったのです。クレアのメッセージによると、クレアの叔父であるかつての私のボスは、2日前に95歳で他界したということでした。このタイミングでクレアと再びコンタクトがとれたということもとても不思議です。もともと、そのボスがきっかけとなり、クレアと日本で知り合いました。そして、20年間、彼女と音信不通だったのに、再びコンタクトがとれたことで、ボスが2日前に他界したことを知ることができました。きっと、ボスが私に、それを報せたくて、クレアとの出会いを再び作ってくれたのだと思います。クレアは、イギリスでテロ関係の調査顧問をやっているということで、現在、先日イギリスで起きたテロのことで忙しいということでした。なので、またゆっくりと連絡してくれるとのこと。楽しみです!20年間、彼女のことは忘れたことがありませんでした。再び、その彼女とコンタクトがとれたことをとても感謝します。運命が、やはり今、また動き始めているなと感じます。。。。 
全文を読む  
  旅行・観光 2017年3月23日  
  ウルトラマリン:ボーダーレスなライフスタイルの作り方
  Creator: 
Hi there!もう金曜日! 今週は祝日があったので、早いですね。昨日の浪費と投資のおはなしの続きです。海外旅行を浪費にしないための方法とは、目的を持つこと。写真はアントワープ中央駅。ブリュッセルからアムステルダム行きのタリスに乗ったつもりが、アントワープ中央駅で降ろされました(汗)アメリカ人の若いカップルと、「何で?」とお互い顔を見合わせ、分からん! ということを共有して、やれやれ、仕方がないね、次の列車を調べてしばらく待つことに。降りる予定はなかったけれど、思いがけずこの教会のように美しい
全文を読む  
  趣味・娯楽 2017年3月23日  
  Nui nui 生活 in TOKYO
  Creator: 
今日息子の学校は終業式&中学卒業式です。卒業式には中1も出席するらしいですね。そして学年末試験の結果もどさっと返却されます。これまでの試験では必ず何か1科目失敗していたのですが、今回はどうかなぁ、、、 さて今日は通塾率における性別差について記載したいと思いますが、低学年からの通塾はやはり女子が多いですね。息子の塾もそうです。男子はそもそも中1からガッツリ複数科目を受講するというパターン自体が少ないと思いますが(ただしカリキュラムが特殊な特定の学校では中1から英・数両方受講のケースが多いようです)、女子は中1のしかも最初から複数科目受講される場合が割とあるようです。男子とは異なり、コツコツと持続的に頑張ることが出来るので凄いですよね。向学心があって。男子は(頑張らなくてはいけないということに)気が付くのが遅いから^^;中学受験でも深夜まで長時間勉強しているのはどちらかと言うと女子の方ですね。そしてまだ学校に慣れていない時期からの通塾ですから、親のフォロー(スケジューリングや送迎も含めて)も相当あるのではないでしょうか。中学受験を終えても切れ目がないんですよね。親も子も。 男子の場合は勉強がハードだな、と感じたら、部活で思いっきり発散したり、漫画やゲーム、ひたすら寝るとかダラダラして勝手に休息(笑)自分自身で上手くバランスを取ることが出来るようですが、女子はそうでもないので、親が気を配ってあげる必要があるかな?体の変調を来たすまで勉強というのはやはりマズイので(大人になってから様々な不調が出てくる可能性があります)、通塾される場合は上手く発散させてあげると良いと思います。 そして私は昔の職業柄、薬学・医学関係の知り合いが刺繍関係者よりも多いのですが(笑)、最近勉強は物凄く出来るけれども体力・気力面で少し劣るケースが職場で見られるようになっているとも聞きますので、学生時代は勉強一辺倒になり過ぎず、体力も鍛えておくと良いですね。何事もバランスが大事ということでしょうか。 
全文を読む  
  旅行・観光 2017年3月23日  
  Petite New York
  Creator: mikissh
ニューヨークにやって来たらぜひ食べたいニューヨークグルメのひとつといったら、ニューヨークチーズケーキです!ニュ […] The post 大好きな絶品ニューヨークチーズケーキのお店 アッパーイーストサイドの Two Little Red Hens appeared first on Petite New York.
全文を読む  
  美容・健康 2017年3月23日  
  いとうゆきオフィシャルブログ「美と健康の最旬ニューヨーク」Powered by Ameba
  Creator: 
私はグルテン過敏症ですが、グルテンに弱い人はカゼイン(乳製品に含まれる)も苦手な人が多いんです。私も極力、乳製品を避けていますが、それでも時々ヨーグルトが無性に食べたくなったりするんですよね。 そこで自宅ではココナッツの果肉とカシューナッツと乳酸菌を使って自家製の植物性ヨーグルトを作って食べていたのですが、これを食べ始めたら、普通のヨーグルトよりもこっちの方が好きになってしまうほど。 ただ、自家製ヨーグルトは発酵させる必要があるため、思い立って急に食べることができないのが玉に瑕でした。 しかーし!この度、スーパーマーケットにてココナッツミル続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』
全文を読む  
  食 2017年3月23日  
  ニューヨーク・味覚のミラーボール2
  Creator: nymirrorball2
とても混むと言うので、朝早くに来ました。龍矢は3度目らしいです。フェリーに乗ってディズニー入りです。 到着すると、何処に向かうか、ママはアレンジ済みです。我々のパッケージは日に3回大きなテーマの乗り物に並ばなくてもいい予約が入れられていて大変合理的に組まれています。ママは良く知って居るわ! 目的地に行くまでは歩きますが、私達にとっていい運動です。嬉しいですね。みんなで歩くのは、 皆んなで何日も一緒に過ごすなんて、とても寛いだ気分になります。 平日なのにいっぱいな人達です。ディズニーは凄いエンターテイメントが上手で商売上手だと感心しました。 このお城はよく見ますね。 とにかく平日なのに大変混んでいます。 アメリカ人が平均的に何度ディズニーを訪れるか計算しました。中学生迄に両親と最低一回、 学生時代、若い時友達と一回、結婚して子供が小さい頃に一回、老後に子供の家族、孫と共に一回、平均的に生涯に4回ですね。2億の人口掛ける4回です。混んで居るわけです。但し、常に話題性のある楽しいパークにしないといけません。 船に乗って世界巡りの旅です。船に乗るだけで楽でいいですね。並ばなくていいし、 色んなグループになって船に乗り込みます。 楽しい音楽、よくデザインされた人形たち、 踊って、歌って、走って、楽しませてくれます。 我々もこの子たちと一緒に楽しみ、 子供同伴でなきゃ、決して味わえないことです。 楽しいですね。みんなと一緒だから! 毎日一緒に遊んでいたいです。 子供達も、ママもパパもそう思っていますね。 全てを忘れて遊びに集中していますもの、 Orlando が近ければもっと来て居るでしょう。 大人も十分楽しいところですね。 グループで来ると楽しいですね。
全文を読む  
  出産・育児 2017年3月23日  
  Natural Healing
  Creator: makiko
全文を読む  
  旅行・観光 2017年3月23日  
  ニューヨークの遊び方
  Creator: NY_Liberty
前回の続きで、文化交流大使の佐藤可士和さんのニューヨーク・イベントから…。ご講演後のQ&Aで、佐藤さん、「すごく整理好き」というエピソード・トークを披露し、会場の人々を爆笑させてました。たぶん、佐藤さんの持ちネタとか、すべらない話みたいなものなのでしょうね。以下のようなお話です: 「家の中を片付けたり、パソコンの中を整理するのが大好きで、いつもそういうことばっかりやっているんです。子どもがちらかした玩具を片付けているとすごく落ち着きます。みなさんも整理をやってみてください。整理をしていると、怒ったりすることがなくなります。気持ちがフラットになって良いですよ。 あのぉ、英語版が出てないので残念ですが、実は「佐藤可士和の整理術」という本まで出版してまして、日本では30万部も売れてるんですよ(笑)」日本政府に選ばれた文化交流大使で国際的クリエイティブディレクターの佐藤さんが、「子どもがちらかした玩具を片付けているとすごく落ち着きます」というギャップは、可愛いくておもしろいですね。 あと、その本、以前から個人的に持ってたりします。だから、なんとなくふと思ったんですけど、佐藤さん、それだけ整理が好きだからこそ、日本の伝統的な文化、例えば、禅の美しさ(龍安寺の石庭のようなシンプルな美しさ)や、わび・さび(佗・寂)のように質素に整理されたものの美しさからインスピレーションを得ているのかも? 〔ご参考〕 ・佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫):アマゾン ※コメント欄にはログインが必要です。お手数をおかけしますが、ExciteホームでID登録しブログトップでブログを開設してからログインください。既に登録済みの方はそのままご利用頂けます。 「人気blogランキング」
全文を読む  
  生活情報 2017年3月23日  
  Azusa Takeuchi
  Creator: azusatakeuchi
  突然ですが、みなさん切った髪の毛ってどうしてますか?   特に女性で一気にバッサリいっ…
全文を読む  

 1~20件  / 647件 >>

PAGE TOP