絵本で伝える国連平和の鐘

2016年06月24日

The Story of the UN Peace Bell 発刊

国連本部ビルの日本庭園にある「平和の鐘」の由来を日米両語で描いた絵本『コインでつなぐ平和の鐘/副題:ニューヨーク国連本部に鐘を贈った日本人の物語』(英語タイトル:The Story of the UN Peace Bell)が、国連平和の鐘を守る会(本部東京都)から発行された。日本が国連に加盟して60周年を迎える今年、日本発で世界に向けて平和の心を説く絵本の存在は注目を集めそうだ。

原案は、この鐘の国連寄贈発案者で宇和島市長を務めた中川千代治日本国連協会愛媛県副本部長(1905〜72年没)の六女で現在、同会代表を務める高瀬聖子さん(68)。絵と文は、イラストレーターの相澤るつこさんが担当した。

この鐘は、中川さんが日本が国連に加盟する前の1951年、自費でパリで開催された国連総会に出向き、世界65か国の各国代表から集めたメダルや硬貨、ローマ法王からの寄贈メダルや日本の古銭などを加えて「平和の鐘」を作ったもので、54年に日本国連協会の名の下に国連本部に寄贈、設置された。日本は、その2年後の56年に80番目の国連加盟国となり国際社会に復帰した。毎年9月の国連平和デーに国連事務総長がこの鐘を突いて国連総会の開幕を告げるのが恒例行事となっている。

高瀬さんの絵本製作のきっかけは、2年半前に日本で目にした「世界の子供たちから集めたコインで作られた」と書かれた平和の鐘に関する記事。調べてみると60年近い歳月の中で表現が変わっていったことが分かり、外務省に相談したところ、日本政府国連代表部の尽力で昨年、歴史の事実に添った表現に訂正され、弟の中川鹿太郎・国連平和の鐘を守る会前代表と国連に招かれ式典も開かれた。

この時、ニューヨークに来て平和の鐘の歴史を広く知ってもらうには、「まず世界の子供たちに知ってもらうのが一番」と実感し、帰国後1年がかりで制作に取り組んできたという。

高瀬さんと相澤さん、ボランティアで同行したNPO法人AMIE代表理事の堀内和子さん=写真上の左=ら一行3人が18日午前、国連に近いリセ・ケネディ日本人学校を訪問し、4年生以上の約30人を前に講演した。

■詳細記事は www.nyseikatsu.com

社名 NY生活プレス社 New York Seikatsu Press, Inc.
TEL (212)213-6069
住所 71 West 47th St. Suite 307, New York, NY 10036
MAIL post@nyseikatsu.com
HP http://www.nyseikatsu.com
  • タックス 確定申告 2018年03月01日 タックスリターンし忘れの方必見! 期限後申告を徹底解説【UNIVIS AMERICA】
  • 留学 語学 2018年06月30日 語学学校ブルーデータ 10週間コースに新規プログラム導入
  • 転職就職 2018年03月10日 転職ならU.S. Career Forum。アメリカでのポジション限定イベント!
  • 求人情報 2018年02月01日 NY(Mahattan)日系メディアでのCustomer Service募集!
  • 語学 2018年01月01日 『16週間で $1595!』Campus Education マンハッタン校
  • 語学 2017年12月16日 週2~OK! 春セメスター入学申し込み受付中【語学学校 LISMA Manhattan校】
  • ショップ 2017年12月12日 日本を伝える~和技WAZAプロジェクト
  • PR 写真プリント 2017年08月21日 ニューヨークの日本の写真屋さん、『ドイカメラ』です。
  • PR 保育園 求人 2017年08月05日 あおぞら学園 保育士、日本語教師募集!
  • PR 求人 2017年07月11日 あおぞら学園 事務アシスタント募集(求人)!

PAGE TOP